日記・コラム・つぶやき

2009/08/11

地震 あ~驚いた

本日早朝、我が静岡が揺れた。例の地震である。

ぐらっと来たと思ったら激しい横揺れ。たぶん20秒くらいだと思うのだが、ついに来たか「東海地震」と思ったものだ。しかもこの午前5時という時間だと真っ暗で何も見えず、そんな中で恐怖を味わわされるのは何とも言えない。

家人と大丈夫か、大丈夫だと声を掛け合い、全員の無事を確認した。

揺れが収まり電気はつかねえんじゃねえのと思っていたら意外にもついた。明るくなった部屋の様子はかなりのものだった。自分の部屋にあるもので一番多いのは本でこの本があっちこっちに飛んでいた。最悪なのは僕は本棚の上に映画のパンフレットを無造作に平積みにしていて、その本棚の前に飼っている亀の水槽があるのだが、その水槽の中に映画のパンフがダイブしていた。急いでパンフと救出して亀の様子を確認すると、亀は直撃を受けたにも関わらず無事だった。

やれやれと思ってとりあえず、寝室のある2階から1階に下りて家族の顔を見て改めて無事を確認したのだが、まさか2度寝する気にはならずかといって何をしていいのかわからない。広報が流れてテレビをつけろと言ったのでテレビをつけた。広報で言われなかったらテレビをつけることさえ思いつかなかったろう。

東海地震だとすっかり思い込んでテレビの速報を見ていたら、自分の住んでいる地域は震度5だという。あれっと思って見ていると、地震学者とアナウンサーが電話でやりとりし始め、今回の地震は東海地震とは無関係などと話しているじゃないか。そんなバカな。家族一同唖然とした。余震だってあるのに。

とりあえず会社のほうも心配だったので早目に家を出るとバスはしっかり動いていた。公共の交通機関が動いているというのは心強いが、いつもと変わらぬ日常のような気がしてなんだかちぐはぐな印象を持った。

会社のほうがすさまじい有様で倉庫の中のものは飛んでるし、花瓶は割れてるし、壁に亀裂は走っているし、朝はそれらの片づけで忙しかった。でもその忙しさをやり過ごすと当たり前の日常が戻ってきた。日本ってすごいなと思う。荷物だって普通に入荷してくるんだから。

だが会社からの帰りはすごいものがあった。なにせちっともバスが来ない。道路が混んでニッチもサッチもいかなくなっているようなのだ。仕方なくタクシーを捕まえて乗り込むと運転手がこれは地震の影響ですねと言っていた。どうもJRが止まって普段電車を利用している人がマイカーで移動をしたらしい。それらの人々が一斉に帰り始める夕方、異常に混んでしまったというのだ。

家に帰りつくと家人がいった「テレビで本物の東海地震は今日の揺れ以上の揺れが一分間続く」と。あんなおっかないのが一分以上も続くなんて絶望的な気分になる。

明日から防災グッズがたくさん売れるだろう。みんな今日のは東海地震じゃないんだと思いながら。今日一日を終えてみて、恐怖と何とも言えない未来の恐怖を味わわされた不思議な一日だったと思う。驚き、くたびれた一日だった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/11/28

夢はでっかく無職

コネタマ参加中: 「年末ジャンボ3億円」当たったら何に使う?

3億円を銀行に預けたらいったいどれくらいの金利がつくんでしょうかね?

ずっと低金利が続いているから、たいしてつかないのでしょうか。

もしも3億円当たったら僕はさっさと会社をやめてぶらぶらしますね。そうしたら、映画見て本読んで、映画見て本読んでを繰り返します。ええ、毎日ですとも。飽きはしません。

僕はとにかく集団で何かするというのには向いてないですね。個人主義でもないのですが、ほっといてくれと言いたくなります。誰にも干渉されず、誰にも干渉せず、まったくの孤独で生きていたいですね。世捨て人のように僕はなりたい。

それって3億円で実現できますぅ??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/12/20

ちょいと気は早いかもしれませんが今年見た映画の総括

今年ももう終わり。コメント欄に日本アカデミー賞の候補は?なんて聞かれたものだからいろいろ考えました。趣旨は少し違いますが今年見た映画の総括をひとつ・・・・・・。

今年は全部で27本の映画を見ました。DVDで見たものは除外しています。DVDで見たものを含めるともう少し増えますが。

学生時代と違って最近は数をこなすということがなくなってきましたな。ただ、一応どんなものでも見ているつもりではありますが。

今年を振り返ると衝撃を受けるほどの凄い作品というのは一本もありません。概して言えば全体的に小粒な年であったと言えます。話題作は相変わらず多かったですがね。

それから相変わらず日本映画が強かった一年でした。外国映画の姿がかすむ!

話題作といえば復活したエヴァンゲリオンでしょうかね。僕はそんなに思い入れのない作品でしたのであまり印象に残っていません。もう一つの話題作といえば、2作目となる三丁目の夕日でしょうか。出来はまずまずでしたが、2作目の呪縛から逃れるのがこれほどまでに大変なことなのかとスタッフ、キャスト苦心が窺われる作品でしたね。西遊記なんてのもありました。フジテレビの宣伝の力の入れようといったらなかった!

さて、僕が見た27作品のなかで光っているものといえば「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」でしょう。崩壊する家族というテーマそのものはそれほど珍しいものではありませんでしたが、脚本の力と俳優の演技力の確かさが光りましたな。

俳優の演技ということで言えば「怪談」は素晴らしかった。どう考えてもダメな優男を尾上が見事に演じきっていました。散漫になりがちな小話の集合体の形式をとりながらも破綻することなく一気に見せる演出と脚本にも力があった。佳作でしょう。

「バブルへGO タイムマシンはドラム式」もバカバカしさを極めたいい作品でした。コメディとしては非常によく出来ているのではないでしょうか。この作品の白眉は暗く語られがちなバブルを前向きに捉えなおしているところでしょう。バブル崩壊から随分時間が経ってこのような作品が出てくるということは画期的なことだったかもしれません。いずれ論壇の世界でバブルの再評価が進むかもしれないと思ったりもした作品でした。

外国映画で面白かったのは「ヘアスプレー」でしょう。ひょっとしたらまだ公開している地域があるかもしれない。非常に重いテーマを明るく軽やかに描ききった凄い作品でした。またアメリカが現在抱える暗部を描き出しているともいえ、その点においても興味深い作品でしたね。

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」もいい作品でした。形式としてはグランドホテル形式といっていいのかもしれませんが、心温まる人と人との交流が描かれていて感動しましたね。音楽も良かった!

映像表現では「RENAISSANCE PARIS2054」は凄かった。ストーリー自体は凡庸の域を出なかった作品ですが、映像は強烈な印象でした。後追いするクリエイターが出てくるかもしれません。モノクロの美しさといったらなかった。フランスは時々こういう凄い作品を提出するから侮れなかったりするのです。

最後は「やじきた道中 てれすこ」。ロードムービーにして、バディムービー。かつ日本人好みのドタバタ劇。この作品に言葉は要りますまい。とにかく見て楽しんでくれ。

今年はこんなもんです。

どうでもいいですが、実写版ドラゴンボールって本当に作るんですかね?やめといたほうがいいと思いますけど。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/04/16

ブログ開設1年

時が経つのは早いもので昨年の3月31日にこのブログを開設してからもう一年が経った。

これまでに書いてきた記事は118本。よくも書いたものだと思う。

アクセス解析を始めたのが7月ごろのことであったが、今日まで1万3千もの人々が訪れてくれたことになる。大して人気のないブログではあるがこんなにたくさんの人々がきてくださったことは大変に感謝している。ありがとうございます。

これからも映画書籍に関する記事を中心に書いていこうと思います。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/26

今さらながらのWBCの感想&西遊記の感想

今週はWBCの話題が日本のマスコミを占拠してしまった。僕も普段は野球などちっとも見ないのに、決勝戦は見てしまった。職場でも話題になったのだから、野球世界一という事実は一つの事件だった。

全体を考えてみれば何とも劇的な勝利であった。予選リーグで韓国に負け、アメリカに負けもはや死に体だと誰もが思った時、メキシコという神様が日本を決勝トーナメントに連れて行ってくれた。しかもその相手が2連敗していた韓国とは!もしも野球の神様がいるとするならば、粋な演出をするものだ。

決勝戦もハラハラさせられる展開であった。6対5の一点差に追い上げられた時、誰しもコりゃいかんと思ったのではないか?9回の表、たしかワンアウト一・二塁ではなかったかと思うのだが、あそこで日本の至宝とも言うべきイチローの打順が回ってきたのは天の配剤としか言いようがない。あそこがイチローの正念場だった。テレビにかじりついていた誰もが「イチロー打て!」と念じたはずだ。そしてあそこで本当にイチローがタイムリーを放ったとき、僕はイチローってスゲーと思ってしまった。ごく単純にスゲーと思ってしまった。あんなプレッシャーの中をよく冷静にヒットを打てるものだと、そのタフな精神力に脱帽した。あのヒットは僕にとって忘れることができないヒットになったと思う。こんな試合を見せてくれたキューバと日本の選手と、なぜか日本の休日に決勝戦を組んでくれたアメリカに感謝したい。

でも、どうして平日に決勝戦なんか組んだんだろう?アメリカも休みだったのかな?

西遊記は20日が最終回であった。視聴率もなかなか良かったらしい。月9という時間帯に全く新しいジャンルに挑戦したフジテレビの気概はまず評価すべきだと思う。だが、内容は・・・・・。

以前にも書いたが、孫悟空と三蔵法師の立場が逆転してしまっている。しかも毎回、毎回悟空の決め台詞が説教くさくて適わなかった。

もしかしたら僕は夏目雅子のあの西遊記にこだわりすぎているのかもしれない。新しいものを作ろうとしたらああいう形になるしかなかったのかもしれないと思っている。

どうでもいいが、毎回のギャグはとても面白かった。やはり日本人はディティールを作らせたらうまいなと思わざるを得ない。それだけに全体の悟空と三蔵のキャラクターをもう少し考えて欲しかったなと思う。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/13

パソコンが復活!

今日やっとメーカーの電話サポートを受けることができパソコンがやっとっこさ直った。

いやはや一時はどうなることかと思ったが、直ってほっとした。

ただ原因ははっきりしないのでまたいかれるのかと思うとちょっと気がかりではありますが・・・・・。

TB下さったかたがたありがとうございます。

やれやれ、どうでもいいがメーカーのシ○ープさん。サポートを受けるまでの手続きが面倒すぎる。何とかならんかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/05

パソコンがいかれてしまった!

今週の月曜ごろからパソコンがうんともすんともいわなくなった。原因はよくわからない。インターネットもメールも全く動かないからたちが悪い。
不便きわまりないが復旧のめどはまったく立っていない。
何より申し訳ないのはこんなに読者の少ない我ブログにトラックバックを送ってくれた方である。復旧したら必ず返事します。平にご容赦を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/07

容疑者 室井慎次

正直、TV版を全く見ていなかったのでなんの思いいれもない映画だった。田中麗奈が出ていなければ見てなかっただろう。

感想としては、不完全燃焼だったように思う。基本的にミステリーとしては落第なのではないかと思う。証拠の提示とその処理がなっていないと思う。特に第三の男(最終的に警察に逮捕される真犯人)にたどり着くまでがあっさりしすぎている。っていうか都合よく逮捕されすぎている。もう少し過程をきっちり描いても良かったのではないか。

また、ラストの衆人環視の中での女への尋問だが、恐らく法廷物を意識しているのだろうが、これもどうかと思う。時間が短すぎるし、新証拠にもめぼしいものがない。真矢と筧が出てきて一気に解決では、興味が削がれる。このシーンをきちんと効果あるものにしたければ、その前の段階で準備すべきことがあるだろう。それを全てはしょったのでは意味がないと思う。

またこの尋問のシーンは憲法を軸とした法律論争も含まれているが、刑法など、法学をきちんと勉強した人はついていけただろうが、それ以外の人は難しかったのではないだろうか?僕も必死についていったが、完全に理解するまでには至らなかった。この辺の説明も丁寧にすべきであったろう。

全体的にみてこの映画の主眼は、警察内部の権力争いをみせることにあったのだろう。それに翻弄される人間達に焦点を当てることに主眼があったのだろう。そのような観点から見ればこの映画は成功しているといえるのかもしれない。

それとこれはどうでもいいけど、麗奈の走りは不恰好だったな。とても陸上部には見えなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/08

アクセス解析

前々から疑問に思っていたのが

我がブログは一体どれくらいの人に読まれているのかということである。

で、アクセス解析というのを7月2日土曜日からやってみることにした。

今日で一週間、どれくらいの人がきてくれたのかな・・・・・・

結論からいうと、76件(この単位でいいのか?)も訪れてくれているではないか!!!

そりゃあね、本当に人気のあるブログは一週間で何千件、何万件ものアクセスがあるのはしっていますよ。

でもね、こんな、日記と映画と本の感想文しかない我がブログに

これだけの人が訪れてくれたというのは感激だよぉ!

うれしい限りです。

皆さんどんな感想をもっていらっしゃるのでしょうかね?

(できればコメント残していただけるとうれしいな)と小さくつぶやいてみる。

で、この解析、すぐれものでいろいろなことがわかる。

アクセス元なる項目もあって、これは「ブックマーク」が一番多かったりする。

ブックマークしてくれている人がいるの!

これにはびっくり。ありがたいことです。感謝してもしきれないくらいです。本当にありがとう!

さらにこの解析、すぐれもので、どの記事が読まれたか調べられます。

やはりというか何というか、ソープランドのネタが多かった。やはりエロは強いと思ってしまった僕です。また、電車男の映画の感想文が多かった。話題ですからね。テレビ版の一回目も見てしまったし。あっ、テレビ版の感想文も書きますよ。

さらにさらにこの解析、すぐれもので、検索ワードやフレーズを調べられます。

やはりソープネタが目を引きますが、他に「中谷美紀」「リンチーリン」もありましたね。

同好の士がいるのでしょうか?う~ん、興味あります。

いろいろ書きましたが、訪れた方、これから訪れていただく方、皆様に感謝しております。

人気ブログとはいきませんが細々とでもいいから続けていこうと思ったしだいであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/21

美しくないもの

ぼくは喫煙者なのですが、
3日くらい前からたばこのパッケージデザインが変わった。
箱の約3分の1に
「喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます」だの
「未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません」
などとでかく書いてある。

まったくもってセンスのないことだ。
喫煙のリスクくらいわかって煙草を吸っているのが大半ではないのか。
わざわざこんなものを書かなくてもリスキーなのは理解している。
むしろ理解していない奴らがいるのだとしたならば
僕はそっちのほうが驚いてしまうのだが。

箱をこんな風にみっともなくしやがって
こんなセンスのないものに変えたとしても
喫煙者の動向は変わらないぜ。
反喫煙団体の自己満足の産物といえるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧