芸能・アイドル

2008/10/28

「mashup!音王maniaXXX」及び「輝きながら」あるいは白鳥百合子について雑感

ひさかたぶりの白鳥百合子である。少し時間に余裕ができたので2本いっぺんに鑑賞することと相成った。もちろんDVDである。

mashup!音王maniaXXXは仙台放送で制作された音楽番組である。実態としては東京の製作会社が委託を受けて制作したというものなのだろうか?地方番組とは思えないほど豪華なゲストが出ている模様。もっとも本DVDは司会である桜塚やっくんと我らが白鳥百合子のトーク部分のみを編集しているものだ。

見ていて驚いたのは桜塚やっくんが意外にトークを回せていることだ。白鳥の細かな天然ぶりを見逃さずにしっかりキャッチしているところはなかなかの腕ではないかとみた。ただ難点を挙げるとすればもう少しトークの広がりがあると面白かったのにというところか。話の展開の持っていきかたにもうひと工夫が必要かもしれない。でも時間の関係もあることだし、またゲストのいないオープニングや締めのトーク部分に相当するのであるだろうからこれでよいのかもしれない。

ところで白鳥百合子だが、僕は彼女がこの番組の司会をしていたのは知っていたが、9回の放送で降板していたとは知らなかった。よくドラマで1クール10回などと言ったりするくらいだから3か月ほどの出演ということになるのだろうか?仙台放送はよくこのDVDを出すことを決断したものだと思う。なにか勝算はあったのだろうか?ファンにとっては涙ものの決断だろう。

このDVDは白鳥百合子の人となりがよく表れたものになっている。作中やっくんにあんたの学校時代は?と問われ「ポワンポワンしてました。私の周りはポワンポワンした人ばっかりでした」と語る場面があるのだが、これこそが彼女の本質なのだろう。天然というのではなく非常に丸みの帯びた人格であることがうかがえる。出世欲や野心とは無縁の人なのだ。ブログを見てもそうだが妙に腰の低い、周囲に気を遣うコメントがよく並んでいるがそれはこのポワンポワンから発せられる彼女の精神の奥の奥の核になっている部分から来ているのだと僕は思う。現在休業している彼女のブログに未だ200件近いコメントが寄せられる背景はこうした性格を稀有なものとして大事にしたいと考えるファンが多いということなのだ。アイドルと呼ばれる女の子たちにわれわれ男性は心奪われることが多いがその笑顔の向こう側にある種の野心が見え隠れしているのを鋭敏なものならば感じるだろう。白鳥百合子にはそうしたものは皆無であり、それこそが白鳥百合子を稀有な存在にしている。

だが白鳥百合子の容姿とは非常に強いものだ。背が高く、手足が長く彫りの深い顔立ちで眉がきりっとしている。特に印象的な目はネコ科の動物を思わせる。

容姿と先に述べた内面のギャップが彼女の魅力なのだ。だがそれは容姿から彼女を判断しようとする人を非常に戸惑わせることにつながるだろう。彼女が電王のハナ役を射止めたことは偶然ではないような気がする。いつかのブログにハナの活発で時に暴力的な役柄に戸惑ったというコメントがあったが、それはそのままその仕事にかかわった人々にも当てはまったことかもしれない。

ところで話は変わるが「輝きながら」だがこれが世に送りだされたことに僕は驚いている。版権の管理っていったいどうなっているのだ?ずいぶんおかしな話だと僕は思っているのだが。

だがしかし白鳥百合子とはきれいな人だ。ただミディアムテンポの曲が続く映像の羅列というのは僕にとっては拷問に近いですな。ファンといえどもアイドルDVDというのはどうも苦手だ。これを喜々として何度も見るというファンがいるというのだから、やはりこの手の映像は僕には合っていないのだろう。筋金入りのファンとはすごいものだと率直に思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/25

白鳥百合子について、いくつか雑感など

2月17日の白鳥百合子さんのブログで事務所をとうとう辞めてしまったということを今日初めて知りました。いやはや僕は情報が遅い。まあ、毎日忙しさを言い訳にしてチェックをサボっていたからなんでしょうけど・・・。これではいかんですな。

憶測はいろいろできますがね、例えばグラビアの仕事が合わなかったのではないかとか、根本的に忙しすぎたのではないかとか。そりゃぁもういろいろ考えてしまいますよ。

ただすべては憶測です。あまりこういうことをごちゃごちゃ言うのもどうなんだろう?

ひとつだけ言えることは事務所を辞めねばならなかったほど辛かったということだと思います。その辛さの原因は本人しかわからないのでしょうがね。

僕個人の感想としては惜しい、あまりにも惜しい。あれだけの逸材をこのまま埋もれさせてしまうのはもったいない。いつか絶対にカムバックしてほしい。いつの日か彼女の主演映画を見てみたい。一ファンの切なる願いであります。

どうか白鳥さんの復帰がスムーズに運びますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/01

Eternal Princess 白鳥百合子写真集

いつも、いつも書くけれどファンでなかったらこの作品は手に取らなかったろう。ファンであることの不思議なご縁というものを感じずにはいられない。

さて今回はスチールである。DVDもついているのだが、それはまたの機会にするとして今回はあくまで写真集としての感想を書いてみようと思う。

ムック本であるため前作のように装丁が豪華であるわけではなく、しかも表紙に堂々とサブラのロゴが入っているのを見ると、なんだかがっかりしてしまう。仕方のないことなのかもしれないが、夢の世界に没入したいと感じる向きには不評かもしれない。

ところが、中を開けてびっくりである。完成度が高い。特に表紙とそれに続く最初のボンテージ風な衣装を着た写真は脱帽だ。背景が曇天でしかも小雨が降っているため、陰鬱な雰囲気が良く出ている。とくにページをめくって見開きのボンテージファッションを着て寝転がってこちらを睨むような写真はベストショットだろう。僕はこれを一番に推薦する。

全体的に作りこみが良く為されている写真集だろう。前作では故郷宮城での撮影された写真が含まれていたくらいだから、どちらかといえば素を元にして作りこんでいこうという意思が読み取れたが、今回は完全に別物である。新たな側面を見せていこうとするよりはむしろ、完全にイメージをゼロから作っていこうとする意思が読み取れるのではないかと思う。野心的な作品集に仕上がっていると思う。

露出度はかなり高めだが、先述のとおりの作りこみ具合であるため、色気というものを感じさせるのもが少ない。つまりエッチっぽくない。白いセーターを着た写真に僕は一番の色気を感じた。どちらかといえばかっこよさを感じさせるものがおおい。赤いホットパンツをはいた写真はほのかなかわいらしさや少年っぽさを感じさせ、サスペンダーをつけた写真はシャープさを感じさせるものだと思う。

衣装に合わせてメイクや髪形を丁寧に変えているのも質の高さを感じさせる良いものだ。必ずしもすべてが成功しているわけではないが、その仕事振りは評価に値するものだろう。

よくぞ短い期間でこれだけのものを作ってくれたと思う。白鳥さん本人をはじめスタッフの皆さんに敬意を表する。

ところで、やはり白鳥百合子というのはいい素材ですな。

非常によい買い物をしたと思っている。DVDの方はどうなっているんだろう?早く時間を見つけて見て見たいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/04

白鳥百合子 Cygnet

白鳥百合子のDVDとしてはこれで4作目だ。この短期間にこれだけの仕事量をこなすのだから驚異的と思わざるを得ない。現在彼女のブログ「そのままダイアリー」でも知られているが、彼女は体調がすぐれないようである。あれだけたくさん付いていたコメント欄も諸般の事情によって閉鎖されファンとしてはなかなかもどかしい気持ちが先行している今日この頃ではある。

さて前回も書いたがアイドルのイメージDVDというのはかなり特殊な側面がある。なんといっても演者は一人だけ、特にストーリーがあるわけでもない展開。しかし逆に言えば一人の演者に肉薄できる優れた可能性を持っているメディアであると。

今回も前作と比して特に変わったところがあるわけではない。基本的に水着姿の彼女の美しさを堪能するという作りになっている。当然われわれ男性諸氏は彼女のボディラインに釘付けというわけであるが・・・。

本音を言えばあっという間に飽きてしまう。彼女の肢体の美しさを充分堪能するならば写真集のようなものが優れているのだと思う。スチールは動かないゆえに画面の完成度を上げていく必要性があり、そういう場では被写体も要求の高さに応じて表情やポーズなどの完成度が高くなっていくものだと僕は思っている。当然その際には彼女の内面に迫っていくという作業も行われていたものだと思う。白鳥百合子の写真集「リリーホワイト」の完成度は極めて高いものであったと僕は信じているが、それはモデルとしての白鳥百合子の能力の高さと制作陣の技量がぴったり合ったゆえの完成度の高さではなかったかと思う。

翻ってDVDという格好のメディアではその完成度がそれほど高いものであるとは僕には思えない。4作すべてがイマイチの感じがしてしまうのだ。

画面に現れる白鳥はそれは美しいものだ。しかし動画であるにもかかわらずなんだか人形のように見えてしまう。表情もしっかり作っているにもかかわらずだ。次々と衣装を変え、場所を変えポーズを決める彼女を見るたびにそうじゃねえだろうと舌打ちしたくなってしまう。白鳥百合子の息吹が伝わってこない。

もしも動画版の写真集を作っているつもりならば本当の写真集を作るべきだろう。動画には動画の表現手法と意図があってしかるべきだ。新しい知恵を絞った凄い作品を僕は見てみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

like a flower 白鳥百合子のDVD

D0159077

何度でも書くが、ファンになっていなければ、買わなかったDVDだ。アイドルDVDと言っていいのだと思うが、映画などを見慣れたものには案外新鮮ではある。

というのも、一人の人物のみを中心に据えてその人物に迫っていくという映像を見る機会がほとんどない。意識してアイドルDVDでもみなければ目にすることはないわけで、そういった意味でこのジャンルは非常に個性的で稀有な存在なのだろう。

とはいうもののこういった個性的なものは演出に苦労するのだろう。登場人物が少ないのだから、当然人物の見せ方のバリエーションは狭くなりともすれば同じことの繰り返しとなる。

今回のDVDにおいてはそうも白鳥さんを水浸しにするのが好きなようで水がらみのシーンが多かった。水のかかった白く透き通った肌というのは確かにセクシーで主な購買者である男性諸君にはそそられるものが多いのだろうが、そう何度もやるものではない。単純に飽きが来てしまうのだ。

そして当然のことながら水着シーンが多い。白鳥百合子さんという人はスタイルが抜群にいい人であるのだからそういったシーンが多いのはわかるのだが、いかんせんこればっかりだとねぇ。あえてボディラインを見せないシーンをせめて3分の1とか4分の1とかいれられなかったのだろうか。飽きとは慣れである。凄いでしょとみせたいのならその凄いところをあえて見せず、ここだ!という時に惜しげもなく見せるくらいでないとインパクトが薄くなってしまうのだ。100万円持っているのなら100万円全部を見せるのではなく、80万円だけみせて100万円持っているのだと思い込ませる工夫は欲しいところだと僕は思うのだ。人は100万円そのものに感動するのではなく、100万円を見せられるまでの過程に感動をするのだから。

話は変わるが、白鳥さんというのは本当に色々な表情のできる人だと思う。セクシーな表情、かわいらしい表情、笑った顔。顔の一つ一つのパーツが大きいから少しの変化が非常に大きく我々に迫ってくる。稀有な能力かもしれない。非常に素晴らしいものだと思う。僕らの天使ですなぁ~。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/25

田中麗奈

以前「姑獲鳥の夏」を書いたとき、僕は映画ファンなのにもかかわらず、映画監督で映画を見るのではなく、女優で見ると書いた。そして田中麗奈が好きだと書いた。

出会いは「がんばっていきまっしょい」だった。あの作品で僕はこの年下の女優にノックアウトされた。

なんといえばいいのだろう。何事にも一生懸命で青臭く、幼さを一生懸命脱ぎ捨てようとしている主人公とそれを演じている麗奈が妙な具合に重なり合って、何て素敵な女優さんなんだ!と感動した。それ以来彼女の作品のほとんどは見ているように思う。

また、彼女は映画しか出ない女優さんでもある。日本映画にがんばって欲しいと思う一映画ファンとしては彼女を応援しないわけにはいかないのだ。

ところで僕は彼女に会ったことがある。といっても握手会だったが(僕はオタクじゃないぞ、断じて!!)「玩具修理者」という短編映画の発売記念だった。長年追い続けた女優に会えるというのはとんでもなくうれしかったものだ。場所は渋谷だった。完全予約制だったので店の前で煙草を吸って時間が来るのを待っていると、なんと麗奈がマネジャーらしき人と一緒に店の裏口みたいなところに入っていくのに出くわした。本物に会っちゃった~という感動で足が震えた。握手会というのはその道のプロみたいな人がいて、場数を踏んで慣れているのだろう。入っていく麗奈に声をかけていた。こいつらよく声掛けられるなと驚いたものだった。僕は緊張でとてもじゃないがそんなことはできなかったのだ。そうそう、思い出すことがある。彼女はとても細かった、僕の女性の好みとしてはあまり細いのはいかがなものかというのがあったので、彼女の細さはちょっぴり幻滅ではあった。でもほんものの美しさは素晴らしかった。

で、2時間くらい待たされて、やっと麗奈と握手させてもらったわけだが、緊張でたまんなかったな。握手している時彼女はなんか言ってたな。ありがとうございますとかなんとか。こっちはしどろもどろだったよ。僕は麗奈を間近で見たはずなのだが、これが良く覚えていない。ただ、あの印象的な目しか覚えていないのだ。他の部分は消し飛んでしまっている。それくらい強烈な体験だった。スターのオーラってこういうものなのかと実感した。

追いかけている女優さんに会えたというのは本当にうれしいことだった。今でもあのときの体験は忘れられないものなのだ。まだまだがんばって欲しいな。これからも麗奈の出演作は見ていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/06/19

美女発見

ここのところネットで探し回っている美女がいる。
とはいいつつも、既に有名なので探すのは
そんなに難しいことではなく簡単に見つけられるのだが、
動いてる彼女が見たい!それもたくさん!!
と思ったまでのことである。

彼女の名前は林志玲(リンチーリン)
台湾のモデルさんで、司会もやっているとのこと。
彼女は政府の進めている「ヴィジットジャパンキャンペーン」の
台湾の大使をしている。台湾ではその縁で日本を紹介する番組を持ち
本人自身もなかなかの親日家であるらしい。
そして何よりも、日本の芸能事務所と契約を交わして
日本でも活動をするらしい。早く日本での活躍を見たいものだ。
lzl1
lzl4

ってなわけでとにかく美しいのだ。

以前ウィングマンの作者桂正和は女の子を描くのがうまいと言ったが
その桂正和は女の子を描く場合顎のラインを注意して描くと
どっかの雑誌に書いていた。
ぼくはそれ以来、女の子を見るとき顎のラインを見るようにしているのだが
この林志玲さんは間違いなく理想的なラインを持っている。
もちろん美人の条件は顎だけではないのだろうが
この顎のライン、つまり輪郭ということになるのだろうけれども
これが美しいというのはなかなかいないのだ。
すくなくとも日本の芸能人でここまで美しい輪郭を持った人はちょっといない。
清楚な美しさと、さわやかな笑顔は日本男のひとつの理想なのかなと思う。
(ぼくだけの理想なのかも知れないけどさ)

ネットを探し回っていたら面白いブログを発見した。
http://anti-korea.jugem.jp/?eid=194
それはこの林志玲さんと「冬のソナタ」で名前が売れた
チェ・ジウさんの写真を2枚並べてどっちが好きかと問うものであった。
反韓系のブログであったためチェ・ジウが選ばれたのだろうが
ここに集まったコメント群が読んでて面白い。
かくいう僕も反韓系の考えを持っているが、ことチェ・ジウに関して言えばちょっと違う。
僕は間違いなくチェ・ジウは美人だと思う。
整形しているかどうかなんてわからないしそれほど興味はない。
ただ「冬のソナタ」のチェ・ジウは間違いなく美しかった。
彼女の透明感のある顔立ちは男心をくすぐるだろう。
NHKで深夜放送されてた時、
チェ・ジウ目当てで見たものだ。
もっとも「冬のソナタ」は作品の出来が余りに低く
途中で見るのがつらくなり、やめてしまったが・・・・。

このチェ・ジウ、ヨン様ほどの人気を博さなかったのは理由があると思う。
「冬のソナタ」の人気がおばさまを中心としたものになったためというのが
大きな理由だろうが、さらに言えば、
ドラマのチェ・ジウと来日した時のチェ・ジウが顔が違っていたからだと思う。
それは整形をしたとかそういう意味ではなく、多分化粧法が違うからなのではないかと思う。
「冬のソナタ」のチェ・ジウは透明感のある美しさというのがあった。
特にドラマ前半の髪が長く、制服姿の彼女は奇麗だった。
でも、来日した時の彼女は、ケバイ化粧でまるでたちの悪いホステスのようだった。
なんでこんな顔につくってきたのかわからないが、裏切られた感じがしたものだ。
これは推測なのだが
「冬のソナタ」の撮影というのは随分前に終わっているように聞いている。
この作品は韓国で放送された後、中国や台湾で放送され
日本では最初BSで放送されたはずだ。
撮影時から3年ないしは4年ほど経過していると思う。
そりゃ年取るさ!
さらに、チェ・ジウサイドはイメージを転換したかったのではないかと思う。
それは清純とか可憐とかのイメージから
できる女、かっこいい女のイメージへの転換ではなかったか。
しかし日本の視聴者は「冬のソナタ」の中のイメージを思い描いていたから
違和感を禁じえなかったのではないかと思う。
もしそうだとしたら、完全な戦略ミスだったと思う。

いろいろ書いたが結局のところ林志玲さんをはやく日本で見られるようになりたい。
彼女の声、姿、動いているところをたっぷりと堪能したいのである。
オスカーきっちり仕事しろよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)