経済・政治・国際

2006/04/21

中国ってやっぱりすげえや

つい先日思うところがあって観音様について調べることがあった。

通常僕は何か調べものをするときはウィキペディアに必ず目を通すことにしている。

そのウィキペディアの観音菩薩の項にはこんな面白いことが書いてあった。

ウィキペディアのページ。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%B3%E9%9F%B3

一応本文も記しておく。

サンスクリット語ではアヴァローキテシュバラ(Avalokiteshvara)と言い、「見る」という語と「自在」という語の合成語である。鳩摩羅什(くまらじゅう)の旧訳では観世音菩薩と言い、当時の中国大陸での呼称も、観世音菩薩であった。これには、観音経妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五)の趣意を取って意訳したという説と、敦煌で発見されたサンスクリット本から推察して羅什の訳した写本が違っていたという説がある。の二代目皇帝李世民の名から避諱により、”世”の文字は使用出来なくなったため、唐時代以後の中国大陸では、以後、観音菩薩と呼ばれるようになり定着した。玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)以降の新訳では観自在菩薩と訳している。

何気なく読んでいると何とも思わないが、よ~く考えると変である。

・・・

・・・

・・・

どこがって?

ここが!

の二代目皇帝李世民の名から避諱により、”世”の文字は使用出来なくなったため、唐時代以後の中国大陸では、以後、観音菩薩と呼ばれるようになり定着した。

普通に考えればだよ、

人間仏様にはばかって名前を変えると思うのだが

中国では

仏様人間にはばかって名前を変えちゃったんだよ

普通の日本人の序列意識では

仏様

人間(天皇を含めた全部の人間)

という序列なのだと思うのだが、中国人の意識では

人間(皇帝)

仏様

ということになっちゃってんだよ。

仏様より偉い人間様がいるなんて中国ってやっぱりすげえや。

日中友好だって?

そりゃ無理ってもんでしょ!

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)