« MW | トップページ | 地震 あ~驚いた »

2009/07/09

Dear Doctor

人に勧められてこの映画を知ったのだが、いやはやいいものを見せてもらった。笑福亭鶴瓶が贋医者に扮して地域医療の中に溶け込むなんてすごいことじゃない?

構成がなかなか複雑だが物語の筋が追い切れないというほどでもない。画面から立ち上る雰囲気がなんだかアメリカ映画の「Smoke」を思い出してしまった。人物の設定も物語の場所も全く違うのになぜかこれを思い出す。人間の弱さや哀しさを描いているからだろうか?

「嘘をつく」という行いは良くないこととして受け取られているが、この映画は「嘘をつく」というまさに良くない行いを通してそれに関係する人間の様々な断面を切り取っている。

主人公伊野の嘘はもちろん医師免許がないのに医者として活動していることだ。だがその嘘によってこの人物は無医村の地域にとってなくてはならない人になっている。誰もが彼を敬愛し、頼って暮らしているのだ。

患者の一人鳥飼かづ子は都会に暮らす娘たちに自分の病気が良くないことを必死に隠そうとして伊野に一緒に嘘をついてくださいよと頼み込む。この嘘は都会に暮らす娘たちの負担になりたくない、あるいは先に見送った夫の看病を通して得られた特殊な感慨であったのかもしれない。

この作品は2重の嘘を通して進んでいくのだが、嘘はここではいけないものとして描かれてはいない。この作品の空間では嘘は必要とされている嘘なのだ。もちろん嘘なのだからそれによって傷つくものがいる。鳥飼の娘しかり、村人や村長さんしかり。だがその嘘を糾弾したりするものは皆無だ。みなその嘘を受け入れているように見える。ならば嘘とは一体何なのだろうか?嘘にまつわる僕らが通常思っている観念とは果たして正しいものなのか?

贋医者伊野も鳥飼の嘘もみな善悪のきっちり色分けされた世界にはなじまないものだ。いやそもそもこの世界をたった二つの色に分けることなどなかなかできるわけではない。そのことを僕らはよく知っている。だが、頭でわかっていることと実際の行動は違う。僕らは実際の行動を起こすに際しては単純な色分けの世界に安住したがる。そのほうが楽だから。だがこの映画に示された嘘はその嘘にまつわる観念を揺さぶり、僕らの世界観の狭さを指摘する。単純すぎる世界に暮らしていると思いたがっている僕らの感性の硬直を静かに攻撃し、認識の更新を迫るのだ。

生み出された嘘とその嘘が必要としている世界の再構築を迫る、なかなか硬派な映画だと僕は思った。

|

« MW | トップページ | 地震 あ~驚いた »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/45578350

この記事へのトラックバック一覧です: Dear Doctor:

« MW | トップページ | 地震 あ~驚いた »