« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009/07/09

Dear Doctor

人に勧められてこの映画を知ったのだが、いやはやいいものを見せてもらった。笑福亭鶴瓶が贋医者に扮して地域医療の中に溶け込むなんてすごいことじゃない?

構成がなかなか複雑だが物語の筋が追い切れないというほどでもない。画面から立ち上る雰囲気がなんだかアメリカ映画の「Smoke」を思い出してしまった。人物の設定も物語の場所も全く違うのになぜかこれを思い出す。人間の弱さや哀しさを描いているからだろうか?

「嘘をつく」という行いは良くないこととして受け取られているが、この映画は「嘘をつく」というまさに良くない行いを通してそれに関係する人間の様々な断面を切り取っている。

主人公伊野の嘘はもちろん医師免許がないのに医者として活動していることだ。だがその嘘によってこの人物は無医村の地域にとってなくてはならない人になっている。誰もが彼を敬愛し、頼って暮らしているのだ。

患者の一人鳥飼かづ子は都会に暮らす娘たちに自分の病気が良くないことを必死に隠そうとして伊野に一緒に嘘をついてくださいよと頼み込む。この嘘は都会に暮らす娘たちの負担になりたくない、あるいは先に見送った夫の看病を通して得られた特殊な感慨であったのかもしれない。

この作品は2重の嘘を通して進んでいくのだが、嘘はここではいけないものとして描かれてはいない。この作品の空間では嘘は必要とされている嘘なのだ。もちろん嘘なのだからそれによって傷つくものがいる。鳥飼の娘しかり、村人や村長さんしかり。だがその嘘を糾弾したりするものは皆無だ。みなその嘘を受け入れているように見える。ならば嘘とは一体何なのだろうか?嘘にまつわる僕らが通常思っている観念とは果たして正しいものなのか?

贋医者伊野も鳥飼の嘘もみな善悪のきっちり色分けされた世界にはなじまないものだ。いやそもそもこの世界をたった二つの色に分けることなどなかなかできるわけではない。そのことを僕らはよく知っている。だが、頭でわかっていることと実際の行動は違う。僕らは実際の行動を起こすに際しては単純な色分けの世界に安住したがる。そのほうが楽だから。だがこの映画に示された嘘はその嘘にまつわる観念を揺さぶり、僕らの世界観の狭さを指摘する。単純すぎる世界に暮らしていると思いたがっている僕らの感性の硬直を静かに攻撃し、認識の更新を迫るのだ。

生み出された嘘とその嘘が必要としている世界の再構築を迫る、なかなか硬派な映画だと僕は思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/08

MW

やれやれと思わぬでもない。玉木宏という人気者を主演に据えてこの出来栄えとはいかがなものかと少々意地悪なことを書いてしまいたくなる。しかも手塚治虫の原作のテイストをぶっ壊してしまっているように思えてならない。お粗末なハリウッド映画と大差ないのだ。

まず冒頭のシーンからいけない。アクションシーンの連続なのだが、そしてそれは非常に力の入ったシーンの連続なのだが既視感に溢れ、あっと驚く要素が皆無だ。華麗な逆転劇もなければ、息をのむようなスリルもない。刑事に追われている主人公結城が無事に逃げおおせるだろうということまで予見されて熱意が完全に空回りだ。

また結城と賀来神父の関係もきちんと描けていないから原作を知らない観客が見たら戸惑うだろうし、原作を知っているものからすれば物足りなく思うだろう。神の僕たる賀来が結城の犯罪を知りつつなぜその片棒を担いでしまうことをするのか。このあたりのことを本当はきっちり描かないと作品の方向性を見失うし、また主人公たる結城の悪魔的な行動と心理が浮き上がってこない。原作では賀来と結城はホモセクシャルな関係で人を平気で殺す結城が例外的に特別視するのが賀来なのだ。賀来は結城の年の離れた幼馴染であり、結城に一種抜きがたい愛情を持っていて、神の御心にそむくような行いをする結城の暴走を何とか止めたいと願って呻吟するという役どころだ。こういった背景があって手塚のMWは描かれているのに、それらをきちんと描かないから、あるいは再定義しないから非常に薄っぺらないアクション映画になってしまっている。パンフレットを見ると結城と賀来の目線でそれを表現しているというが、そんなこと観客に分かるわけがない。エピソードを一つ、それも冒頭に近い部分に入れればこの作品の人物にきっちりと陰影をつけことができただろうに、それを怠るから凡庸な仕上がりになってしまう。おかげでラストシーンがなんのこっちゃわからなくなってしまった。

もう少し人物を整理するべきだったろう。例えば石橋凌演じる刑事は結城を追い、石田ゆり子演じる新聞記者はMWの謎を追うがこれはまとめて一人の人物にしておくべきだったろう。どちらも「追う」ということにかけては変わりがないのだから。またMWに関わった巨悪が少しも巨悪に見えないところがもったいない。

そもそもアクション映画にしようという方向性が間違っている。人物を執拗に追いかける犯罪映画にテイストを絞るべきだった。ちゃんと作ればたいした評価を得られただろうに、商業映画だからといって無用な皮算用をしたのだろうか?もったいないことをしてくれたものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »