« 漢書に学ぶ「正しい戦争」 | トップページ | 禅 ZEN »

2009/06/03

隠し砦の三悪人

ちょっと映画に詳しい人ならこの作品がルーカスに影響を与えた作品であることを知っているだろう。DVDで観た。

黒澤明の代表作の一つだが、七人の侍や用心棒、影武者といったような作品に比べると知名度では少し劣るかもしれない。

まあ、確かに彼の作品としては少しのんびりした展開の作品であることは間違いないであろう。ストーリーの展開が意外に読めてしまうところが代表作としては少し弱いところか。

先ごろ現代版のリメイク版が上映されていたのだがあれはどうなんだろう?未見であるから何とも言えないが。

なかなか痛快な娯楽作にはなっているだろう。一番の見どころは真壁と田所兵衛の槍での決闘シーンなのだろうが、僕の目を引いたのは意外にも火祭りの踊りのシーンだった。あのシーン何ともモダンなシーンだ。ミュージカルっぽさもあるような気がして、戦国時代の日本の雰囲気をものの見事にぶっ飛ばしているように思えてならない。

何はともあれ肩の凝らない娯楽作として見る分にはなかなか良くできているといえるだろう。

|

« 漢書に学ぶ「正しい戦争」 | トップページ | 禅 ZEN »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Thanks for article. Everytime like to read you.

投稿: Charlie | 2009/06/05 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/45225415

この記事へのトラックバック一覧です: 隠し砦の三悪人:

« 漢書に学ぶ「正しい戦争」 | トップページ | 禅 ZEN »