« Juno | トップページ | MW »

2009/06/28

レザボア・ドッグス

クウェンティン・タランティーの初監督作品。彼はこの作品で成功への階段を一気に駆け上がり、次作の「パルプ・フィクション」でカンヌ国際映画祭のパルムドールを獲得するなど、過分とも言える、あるいは目を見張るような活躍っぷりを見せつけたものだ。当時の僕はといえば東京に出てきて間もない頃で、東京ではこんな映画が上映されるのかと驚いていたころだ。もう何回見たことだろう?今回はDVDで鑑賞した。

僕の好みでいえば「パルプ・フィクション」よりこちらの「レザボア・ドッグス」のほうが好きだ。「レザボア・ドッグス」の構成は斬新でゆえに緻密でもあった。場面が基本的には強盗団のアジトの倉庫しかなくそこで繰り広げられる物語は濃密であった。

公開されてから10年以上の時間が経過しているが、古びた感じが全くない。今すぐに劇場で公開しても全く遜色ない出来栄えといえば、これは傑作と言っていい作品なのだろう。

この作品の特徴は省略の美であろうと思っている。余計なものが一切出てこない。女は出てこない、余計な恋愛描写はない、家族に対する愛は描かれず、そもそも家族がいるかどうかさえ分からない。黒人は出てこない、人種に対する配慮がなくそもそもマイノリティに対する何の意見も表明しない。登場人物の過去がほとんど描かれない。だけど登場人物の個性はきっちりわかるように描写されている。大事なことは強盗団の話なのに肝心の強盗のシーンがなく、宝石店からの逃走シーンしかない。映画に付随するであろう様々な要素をこそぎ落し「この中に警察の犬がいる。その犬を探し出せ」にのみストーリーが集中している。しかも過去から現在への一直線的な時間の経過はたどらず、自由に過去と現在を行き来する。一切の余計なものを廃し、ひたすら現在を語ることに重きを置く。しかも現在を語る時のディティールの細かさといったらどうだろう?冒頭のチップを払う払わないのばかばかしさや、中盤の宝石店からさらってきた若い警官の耳を切り取るシーンでもミスターブロンドが剃刀を自分の頬に当てて見せてから音楽に乗って警官の耳を切り取ってしまうところなど、現在をのみを表現していながら、その人物の持つ個性が大胆に表現されている。

まったくもって隙のない作品だと思う。10年以上の時間が経過して現在でも強くそう思う。未見の人はぜひ見ておくべき作品だろう。

|

« Juno | トップページ | MW »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/45474856

この記事へのトラックバック一覧です: レザボア・ドッグス:

« Juno | トップページ | MW »