« 2008年11月 | トップページ | 2009年5月 »

2008年12月

2008/12/08

さくらん

映画館で観たいと思って結局見逃してしまった作品だ。DVDでやっと見ることができた。

舞台は江戸時代、吉原である。

まずはそのビジュアルのすごさが目につく。派手で時に禍々しささえ感じさせるその色づかいはすごい。赤が基調となり、なおかつ単純な幾何学模様を多用したセットの造形は従来の時代劇の枠を飛び越えている。

また登場人物たちの言葉遣いも現代的だ。いわゆる時代劇ではない。

さらに言えば主演の土屋アンナもまた普通だったら時代劇に出演できるような女優ではなかろう。確か彼女は外国人とのハーフだったと思うが、その顔立ちから普通だったら時代劇の製作者は躊躇するのではあるまいか?もっともまったく違和感無くてこの女優の力の高さを再確認したものだが。

この映画の特異な点は親が全く描かれないことだろう。女衒に売り飛ばされて吉原まで来る道程は描かれているのに、親との別離は全く出てこないし、大人になってから親を語るシーンもなかったはずだ。唯一あったのは故郷を貧しかったと語ることだけで親の存在がこれほど希薄な映画も珍しい。

原作ではどうなっているのだろう。ひょっとしたら原作でも同じように親の存在は希薄なのだろうか?

これを核家族化した親子の断絶と解釈するのは非常にたやすいことかもしれない。だが内実はもっと根深いのではあるまいか。

あらゆるものから切り離されてしまった個人というものの頼りなさを僕はこの映画から感じる。この主人公の意地っ張りで反抗的な態度とその裏腹とも言うべき弱さや優しさは表裏一体のものだ。人と人とのつながりというものは人をその場に押し込めてしまう恐るべきものだが反面非常に安心できる子宮の中のごとき温さをもあわせもつものだろう。そこから切り離された人間の悲哀というものが垣間見えるように僕には思えてならない。吉原の女たちが身請けをしてもらえる日のことを夢見ている描写がたびたび出てくるが、それは裏返して言えば切り離され吉原という狭い世界で暮らす人間が、切り離されてしまったものを再びつかみ取ろうとする切ないうめき声ではなかったか。

そう言えばこの主人公はそこに勤める若い男とともに吉原を抜ける。この若い男というのは吉原に勤める女から生れそこしか知らない籠の中の鳥の男であった。子のいない女郎屋の主人夫婦の姪っ子と無理やり結婚させられるところであった。この男もまた、親がほとんど描かれない男である。

何だか考えさせられる映画だった。色彩感覚のすごさばかりに目がいくが、内包する主題の重さを考えるときこの映画を傑作と呼んで差支えないのではあるまいか。そんな気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/07

ハッピーフライト

矢口監督の最新作。テレビでの宣伝効果もあってか劇場にはかなりの人が集まっていた。子供もいた、なるほど家族向きの映画ではある。

一応主演は綾瀬はるかになっているが、実際は群像劇というのに近く、僕は三谷監督のザ・マジックアワーを思い出した。どちらかといえばグランドホテル形式に近いのではないか、そんな印象だ。

この映画の特徴的なことは我々が知らない空港で働く職員たちがたくさん出てくることだろう。やはり人間知らないことを知るというのは面白いものだが、この映画の場合その職員たちが何をやっているのかまったく説明がなされないところが特徴的なのだ。たとえばたぶんあれはレーダーを監視している人なのだろうが、彼らがどんな事をしている職種なのか僕には今もってわからない。そういう意味では非常に不親切な映画ではあるのだが、だが飛行機がピンチに陥って羽田に戻ってくるときのスリル感を説明でダメにすることがないから、非常にスリリングな展開になっている。説明をあえて省いたというのが正しいのだろう。

ただひとつだけ言わせてもらえば、軽やかで楽しい映画なのだが何だか物足りない。よく取材してあるし、緻密に練られた脚本ではあっても心に少しも残らない。ハッピーエンドが悪いというのではなくて、人物が胸に迫ってこないのだ。綾瀬はるかも寺島しのぶもいいのだが、なんとなくリアルな人間に見えてこない。もう少し人物の描写が欲しいところだ。妙な感想だがそんな感想を持った。不思議な映画だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年5月 »