« レッド・クリフ | トップページ | 愛するということ »

2008/11/07

龍が如く

人気ゲームソフトの実写映画化だ。DVDで見た。

まあ、単純に白鳥百合子が出ているから見たともいえるのだが。

すみませんね、ファンで。

少ししか我らが白鳥は出てこなかったが僕的には満足ですよ。ええ、少しでも出てくれるのはうれしいことです。

作品としては新宿歌舞伎町を模した神室町で一晩のうちに起きるいくつもの物語を描写したものといえるだろう。したがってまとまりには欠ける仕上がりになっている。

主人公はもちろん桐生一馬だ。それが消えた百億を追って謎の少女遥とともにいく。これが一応の基本的なストーリーなのだがはっきり言ってゲームをプレイしていないものには何のことかわからないだろう。なぜ桐生が遥と一緒にいるのか、真島はなぜあんなに桐生に対して執念深いのか、まったく言及されていないからだ。話法を無視しているとも言える映画だ。

だが、繰り出される役者のエネルギーはすさまじいものがある。特に岸谷五郎の真島はすばらしい。こんなやつだった、ゲームの中でも。

笑ったのは錦山との戦いで桐生が栄養ドリンクを飲んで復活するという描写だろう。これもゲームをしていないと笑えない場面ではあるのだが、こんなシーンを平気で入れられる三池監督というのは天才というより超人ですな。

全体的にクレイジーに満ちた作品だ。そして何だか清清しい。稀有な作品でしょう、おそらく。

|

« レッド・クリフ | トップページ | 愛するということ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/43038701

この記事へのトラックバック一覧です: 龍が如く:

« レッド・クリフ | トップページ | 愛するということ »