« アフター・スクール | トップページ | 久々の投稿 »

2008/07/13

ザ・マジックアワー

もう、傑作!言うことなし。僕が何らかのコメントを入れる必要などない感じだなぁ。見ろ!これだけですよ。

世にシチュエーションコメディといわれるものがある。具体的に何を表わすかはその用語を使用する人によって違うのだが、共通して言えるのは、設定自体が面白いということ。今作もまた設定自体が面白い。というかハチャメチャだ。ギャングのボスの愛人を寝とった若い男がボスに言われるまま顔を見たこともない殺し屋を探して来いと言われてしまう。調べようたってそりゃ無理だ。存在すら疑われるような殺し屋なのだから。ボスに提示された期日などあっという間に過ぎてしまう。困った男が思いついたアイディアが誰も知らないような三流役者を映画の撮影だとだまして連れてくることだった。すっかり信じ込んだこの役者がノリノリで・・・・。ていうのが大体のストーリーだ。

何がいいって主役の佐藤浩市がいい。すっかり騙されているのだが、真剣に映画に取り組むその一生懸命さが大爆笑になって観客の心に滑り込む。完全に役になりきる三流役者になりきっている。佐藤がこんなコメディを演じるなんて実に驚いた。引き出しがあったのね、って感じだ。

脇を固める俳優も名優ぞろいだ。見ているだけでも楽しいのだが、何が楽しいってそこは異空間なのだ。ヨーロッパ風の街並みで展開されるこの物語はなんというか絵本的というか現代っぽくないというか、一応現代を舞台にしているのだけれど、すっかり現代ではないのではないかという錯覚にとらわれる。セットをよくぞ組んだものだと感心してしまう。

しかし、作りこんだコメディというのはいいもんですな。ドリフターズを思い起こさせる。仕組まれ計算されつくした笑いの印象深いこと。テレビでアドリブを利かせたフリートークばかりを見せられる僕らにはこういった作り込みの世界に時々どっぷりと浸かってみる必要がある。それは何とかしてお客さんを笑わしてやろうというある種の人間の叡智が含まれているのだ。しかもその叡智に知らぬ間に触れるのだからこんな素敵なことはない。

実に良い映画だと僕は思う。

|

« アフター・スクール | トップページ | 久々の投稿 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/41825250

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・マジックアワー:

« アフター・スクール | トップページ | 久々の投稿 »