« マイ・ブルーベリー・ナイツ | トップページ | クローバーフィールド »

2008/05/06

しずり雪

プロフィールをみて驚いた。この作品がデビュー作であるという。それにしては熟練しているではないか。もう何年もプロとしてやっているような印象さえ受ける。

時代小説で短編の連作集である。もっとも岡っ引きの友五郎親分だけは全部の作品に出てきて作品に一貫性を与えてくれている。

時代小説でなおかつ町人物となると人情噺となるわけだが本作もその範疇にもれない。僕は人格が非情にできているのだろうか、この人情噺というのがいまいち好きになれない、僕が人情噺が嫌いな理由のひとつは登場人物がみな善人になってしまうというのがある。悪人風の人物がいても実はこんな背景がありました的なものがどうしてもなじめないのだ。この作品もその例にはもれないのだが、この作品は別だ。嫌いなのに好きにさせられてしまう不思議な魅力を持っている。

まず何といっても巧緻だ。ストーリーの構築もキャラクターの造形も描写の的確さも何もかも新人離れしている。「寒月冴える」という収録されてい短編などこれといった事件もないくせになぜか印象深い。

いろいろ考えるが、短編の効用というものだろうかと考える。紙面を埋めるために余計な描写をしている余裕がないのだろう。作中の人物がみなある種の厳しさを持っているような印象があるのは無駄を省いた文体にあると見た。善人しか出てこない作品なのに好ましく思えるのはそういった事情があるかもしれない。

なかなかよい作品だと思う。佳作と評してよいと思う。

|

« マイ・ブルーベリー・ナイツ | トップページ | クローバーフィールド »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/41115051

この記事へのトラックバック一覧です: しずり雪:

« マイ・ブルーベリー・ナイツ | トップページ | クローバーフィールド »