« ノーカントリー | トップページ | 最高の人生の見つけ方 »

2008/05/19

少林少女

ついつい私用で記事のアップが遅れてしまった。仕事で忙しいのだ。ついでに言えば、風邪も引いた。ろくなことがない一週間だった。

フジテレビの強力宣伝のおかげか、客の入りは上場で年齢層は若い子が多めだ。小学生もいたからこのあたりは製作側の狙い通りか。

ありていに言えば、駄作だろう。少林サッカーにも遠く及ばない。笑いも不発気味だし、ストーリーもいまいちだ。一番よろしくないのは、少林拳とラクロスのつながりが弱いことだろうか?格闘を見せるならそれに集中させるべきだったろうし、ラクロスを見せるならラクロスに集中すべきだったろう。

悪の設定もいまいちだ。仲村トオル演じるところの悪党が結局何をしたいのかさっぱりわからない。大事な親友をさらわれて主人公が助けに行くという格好にはなっているが、ありがちなネタだし何より何のために親友がさらわれたのかさっぱりわからない。

いや、画面は派手ですよ。そりゃもう、CGとかドバーと使ってこれでもかと派手な感じです。画面には力はいっていたけどシナリオがあれではなぁ。突っ込みどころが満載で何にも印象に残りませんな。

ナイナイの岡村さんが出ていなければ絶対に見に行ってない作品だ。岡村さんはいい味出していた。この映画の一番の白眉だろう。他の俳優がいまいち腰が決まらない中、この人だけはきっちり仕事をこなしていた。ラスト近く主人公と対決するシーンはそれまでの雰囲気がガラッと変わってこちらがゾクゾクする感じだ。これがプロの仕事なのだろう。

さらにもうひとつ、ラクロスのキャプテンをしていた山崎真実は実にいい。出番は少ないがそれでも実にいい。たしかこの人めちゃイケに出てた人だよね。やべっちのお兄さんが経営している事務所に所属してたんじゃなかったかな?この人はいい!体が大きいからそれだけで目立つし、グラビア出身だからスタイルはいいし、言うことなしですな。演技は少し荒削りの印象だがうまくなるんじゃないか?ひとつの逸材ですな。

まあ、なんだかんだ書いたが、これ、一週間前に見たんだよなぁ。

|

« ノーカントリー | トップページ | 最高の人生の見つけ方 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/41251896

この記事へのトラックバック一覧です: 少林少女:

« ノーカントリー | トップページ | 最高の人生の見つけ方 »