« ねにもつタイプ | トップページ | しずり雪 »

2008/04/21

マイ・ブルーベリー・ナイツ

ご存知ウォン・カーウェイ監督作である。いまや、巨匠と呼んだほうがふさわしいのだろうか?

僕がまだ大学生だったころ、中国映画が非常に注目された時期があった。それまでの中国映画といえばカンフーであり、ジャッキー・チェンであり、燃えよドラゴンであった。要するに非常にかっちりとした極めて単純なある意味低俗な意味合いにおいて語られるものであった。

だが僕が大学生のころ、つまり90年代の半ばから後半にかけて、それらとは一線を画す作品群が登場してきた。その中心にいたのか他ならぬウォン・カーウェイだった。

斬新なストーリー、魅力的なキャラクター、スタイリッシュな映像。どれをとっても一流だった。

だが、作品を重ねていくごとにストーリーが難解になり、花様年華の辺りで僕はついて行けなくなった。すべてのストーリーは単純であることが肝要と考える僕にとってはウォン・カーウェイのありようは手に負えないものになってしまったのだ。キムタクが主演して話題になった2046はまったくの未見だ。見向きもしなかったのだ。

さて、本作である。一見して覚えた感慨はウォン・カーウェイも老いたなということだった。ストーリーは手堅い。恋する惑星を彷彿とさせる、だが、凡庸だ。主人公に旅をさせ、様々な人とふれあい、人生について考えさせる。随分ありきたりなものではないか。大人が若く経験の浅いものに教えを垂れるような説教臭ささえ感じさせる。

そしてあの映像美がどこかに消えてなくなってしまった。いや、厳密に言えば彼らしい凝った作りにはなっている。アップの多用や、店の窓ガラス越しのカットなど彼らしいこだわりかもしれない。でも斬新というには程遠い。

世の評論家はなんというかはわからない。これだけの名声を博した監督なのだから手放しの賛辞を送っているのかもしれない。だがしかし、僕にはあの時代のあの熱狂の残滓しか画面から読み取れなかった。思うに彼は同時代の視線を失ってしまったのだ。あの90年代の僕達は自らの感性の発露を彼の映画の一こま一こまに代弁させてもらっていたのだ。

時代は流れる。否応なく僕らを過去の人間に変えていく。ウォン・カーウェイのような天才さえも例外ではない。時代に抗う術もなく老いてしまうのだ。過去の手法を焼きなおし、新たな発想を生み出すことなく、時代のほうが僕らを追い越していってしまう。新たな時代の天才と新たな時代の若者が90年代の僕らとカーウェイのような共犯関係を築いて新たな時代を疾走していくのだ。

これほど悲しいことはない。時代の主役の座を僕らの後にやってきた人々に明け渡し、かつての栄光を振り返る。老いてしまった自分を恨めしく思い、後からやってきた人々を羨ましく思う。そんな自分に気付いて劇場を後にした。悲しさと寂しさがいっぺんに襲ってくるそんな映画体験だった。

|

« ねにもつタイプ | トップページ | しずり雪 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/40954105

この記事へのトラックバック一覧です: マイ・ブルーベリー・ナイツ:

« ねにもつタイプ | トップページ | しずり雪 »