« TAXI NY特別編 | トップページ | 眠狂四郎 無頼剣 »

2007/09/04

白鳥百合子 Cygnet

白鳥百合子のDVDとしてはこれで4作目だ。この短期間にこれだけの仕事量をこなすのだから驚異的と思わざるを得ない。現在彼女のブログ「そのままダイアリー」でも知られているが、彼女は体調がすぐれないようである。あれだけたくさん付いていたコメント欄も諸般の事情によって閉鎖されファンとしてはなかなかもどかしい気持ちが先行している今日この頃ではある。

さて前回も書いたがアイドルのイメージDVDというのはかなり特殊な側面がある。なんといっても演者は一人だけ、特にストーリーがあるわけでもない展開。しかし逆に言えば一人の演者に肉薄できる優れた可能性を持っているメディアであると。

今回も前作と比して特に変わったところがあるわけではない。基本的に水着姿の彼女の美しさを堪能するという作りになっている。当然われわれ男性諸氏は彼女のボディラインに釘付けというわけであるが・・・。

本音を言えばあっという間に飽きてしまう。彼女の肢体の美しさを充分堪能するならば写真集のようなものが優れているのだと思う。スチールは動かないゆえに画面の完成度を上げていく必要性があり、そういう場では被写体も要求の高さに応じて表情やポーズなどの完成度が高くなっていくものだと僕は思っている。当然その際には彼女の内面に迫っていくという作業も行われていたものだと思う。白鳥百合子の写真集「リリーホワイト」の完成度は極めて高いものであったと僕は信じているが、それはモデルとしての白鳥百合子の能力の高さと制作陣の技量がぴったり合ったゆえの完成度の高さではなかったかと思う。

翻ってDVDという格好のメディアではその完成度がそれほど高いものであるとは僕には思えない。4作すべてがイマイチの感じがしてしまうのだ。

画面に現れる白鳥はそれは美しいものだ。しかし動画であるにもかかわらずなんだか人形のように見えてしまう。表情もしっかり作っているにもかかわらずだ。次々と衣装を変え、場所を変えポーズを決める彼女を見るたびにそうじゃねえだろうと舌打ちしたくなってしまう。白鳥百合子の息吹が伝わってこない。

もしも動画版の写真集を作っているつもりならば本当の写真集を作るべきだろう。動画には動画の表現手法と意図があってしかるべきだ。新しい知恵を絞った凄い作品を僕は見てみたいと思う。

|

« TAXI NY特別編 | トップページ | 眠狂四郎 無頼剣 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/16344787

この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥百合子 Cygnet:

« TAXI NY特別編 | トップページ | 眠狂四郎 無頼剣 »