« 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ | トップページ | ベクシル »

2007/08/15

トランスフォーマー

意外と評価が高いこの作品。どうせハリウッド大作にありがちな大味な感じの作品でしょって感じで見に行ったものだが、どうしてどうしてなかなか面白い。

いや、確かに大味で語るほどのものがないのも事実なのだが面白い。考えてみるにあまりにも荒唐無稽だからなのだろう。

車がロボットに変身するなんて、日本人は見慣れていていまさらハリウッド製のそんなもの見せられてもと思うのだがやっぱり面白いのだ。

気楽に見られる作品だ。荒唐無稽はかくあるべしというのを教えてくれるかえってよい作品だった。お姉ちゃんもきれいだしね。もっともDVD買おうとは思わなかったけど。

|

« 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ | トップページ | ベクシル »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/16126000

この記事へのトラックバック一覧です: トランスフォーマー:

« 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ | トップページ | ベクシル »