« ニューシネマパラダイス | トップページ | 西遊記 »

2007/07/17

パプリカ

DVDで見た。劇場で観ればよかった!と本当に後悔させられた作品だ。たまにこんな作品があるから劇場通いはやめられなかったりする。

まず何よりも映像が美しい。同時に音楽が良かった。家の小さなテレビではなかなか臨場感がわかない。劇場で観ればよかった。実に残念なことをしてしまった。

さてストーリーの方だがこれを説明するのはなかなか難解である。夢が非常に大きな小道具として出てきているのだが、この夢と現実が非常に複雑な絡まり方をするのだ。どうでも良いが、DVDのパッケージにあらすじを書いている人は実に凄いことをしている。あのあらすじ、間違っちゃいないのだが正しくもない。それくらい錯綜したストーリーになっている。

あえて言うなら科学というものをどう捉えるかがこの作品のテーマなんだろうと思う。科学を毛嫌いする理事長が出てくるが、彼の科学への不信とは極端すぎる。最後にはそれが巨大な妄想に成長するのだが。要は科学に対峙した時の人間の距離の取り方の難しさなんでしょうな。もちろん科学に没入するのもいただけないということなんでしょう。

もういちど時間があったら見てみたいと思う作品だ。ぜひ一度見られることをお奨めする。

人気blogランキングへ

|

« ニューシネマパラダイス | トップページ | 西遊記 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/15792058

この記事へのトラックバック一覧です: パプリカ:

« ニューシネマパラダイス | トップページ | 西遊記 »