« パプリカ | トップページ | 怪談 »

2007/07/23

西遊記

香取慎吾主演作であり、夏休み映画であり、テレビ版の映画版である。鳴り物入りで始まったが思っていたほどの客入りではなかった。客席は6割程度埋まっていただけだろうか?夏休みは強力な映画がめじろうしの季節であるから埋もれてしまうかもしれない。

作品としてはつまらなくはない、さりとて面白くもないというところだろうか。

脚本の出来がイマイチなような気がしてならない。見せ所は多いのだ。筋斗雲での空中戦、インディージョーンズを思わせるような巨大な車輪に追いかけられるところ、瓢箪に吸い込まれる三蔵と悟空、そしてそれの脱出劇。一つ一つは面白いのに、一つ一つはバラバラでまとまりに欠ける。

一番いけないのは、銀角と金角を有効に使えていないことだろう。最強の敵だと言う割にはちっとも最強の敵っぽくない。理由は簡単でこの二人の妖怪がいかに強いか、いかに悪党かを最初の方できちんと描写していないからだ。国王が亀に変えられてしまったということが描かれるのみで、どこが凄いのか判然としない。おかげでその後に続くはずの三蔵一行の活躍がどうもちぐはぐなのだ。強敵であることはまずはじめに見せておかねばならない。それにいかに主人公たちが苦労して挑むのか、そこに感動やワクワク感があるのだが、そのセオリーを完全に踏み外している。まさか新機軸を目指したというわけでもあるまい。エンターテインメントとしての作品としては失敗作とは言わないまでも、凡庸な出来といわざるを得ない。

それからCGの出来もイマイチだった。もう少し丁寧に作らないと今のお客は目が肥えているからついてこないだろう。

ところで話は変わるが、香取慎吾の悟空は完全にはまり役だな。良く似合っている。それだけに残念な作品だと思う。

さらに話は変わるが、さすが夏休みちびっ子が多かった。子供と大人の笑いどころが違っていて面白かった。大人には何でもないベタなシーンでも子供は良く笑っていた。往年のドリフを思わず思い出してしまった。こんな風に僕も子供の頃は笑っていたのかなと思うと大人になってしまった自分が少し悲しくなった。

人気blogランキングへ

|

« パプリカ | トップページ | 怪談 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/15850414

この記事へのトラックバック一覧です: 西遊記:

» 「西遊記(さいゆうき)」 [映画・テレビドラマ化 漫画リスト]
西遊記(上)著者:呉承恩(1504年頃 - 1582年頃、江蘇省生まれの官吏・詩人)【ドラマ】西遊記シリーズ(西遊記・西遊記II) (堺正章主演、夏目雅子等)(en:Monkey)日本テレビ開局25周年記念番組(1978年10月~1979年4月、西遊記II:1979年11月~1980年5月) ...... [続きを読む]

受信: 2007/07/27 01:27

« パプリカ | トップページ | 怪談 »