« ゲゲゲの鬼太郎 | トップページ | 今宵、フィッツジェラルド劇場で »

2007/05/20

あかね空

随分前から公開されていたようだが、静岡では最近になって見られるようになった。

やはり時代劇だからだろうか、年配者が多かった。それはそれでかまわないのだが、やはり若い人にも時代劇を見てもらいたいとは思う。若い観客の支持がなければ日本における時代劇の火は消えてしまうかもしれないのだから。時代劇は楽しいですぞ!

さて、この作品の感想はよくまとまっているということだろうか。原作は例によって未読だが親子2代に渡る物語とは想像しただけで長いことはよくわかる。それを2時間に手際よくまとめるのだから脚本作りは大変であったろうということがわかる。

CGもよくできていたが、それでもまだ力不足かなと思う。実写部分とCG部分の差がわかってしまうところがいくつかあった。観客の目は厳しいということなのだ。

ストーリーは人情劇のいいとこどりみたいな感じだ。深い感動を味わうという感じではなかった。永吉とおふみの出合と結婚。おふみの世話焼きっぷり。長屋の人々の新参者に対する暖かな接し方。京やを追い落とそうとする中村梅雀の小心者の悪党っぷり。栄太郎の身の持ち崩す様。すべてセオリー通りというべきか。特に傳蔵親分とおふみとの対決シーンは結果が初めから読めていたので逆に安心て見れてしまった。本当はこんなんじゃいけないのだけれど。

だからといってこの映画が質が低いというわけではなかろう。むしろかなり高いといえるかもしれない。なんといってもこの映画は家族の崩壊と再生を描いているのだから。近年この手の小説や映画がたくさん作られているが、この作品はそのテーマに直球勝負を挑んでいる作品なのだ。凡庸さのなかにある種のすがすがしさを感じるのはそのためであろう。物語を破綻させることなく描ききったことには敬意を表すべきだろう。

さて中谷美紀である。ほとんど怪物のような女優さんですな。永吉との結婚前の初々しいかわいらしさもさることながら、子を持って店も大きくなった時の様もすごい。映画の後半は店を切り盛りし、職人気質の旦那を支える商家のやり手のオバチャンという感じが凄く出ていた。その切り替えのすごさに圧倒された。まさに天才、必見です。

人気blogランキングへ

|

« ゲゲゲの鬼太郎 | トップページ | 今宵、フィッツジェラルド劇場で »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/15142155

この記事へのトラックバック一覧です: あかね空:

« ゲゲゲの鬼太郎 | トップページ | 今宵、フィッツジェラルド劇場で »