« ペンギンの憂鬱 | トップページ | 弱法師 »

2007/04/25

隠し剣 鬼の爪

山田洋二監督の時代劇第二弾作品である。DVDで見た。

どうでもいいが、画面が両側切られていた。見やすいといえるとは思うが、映画ファンとしてはなんだかなぁとぼやきたくなる処置ではある。

話の筋についてはいいだろう。既公開作品であるし、それに公開されてから何年も経っている。今頃見ている方がどうかしているのだ。

この作品には二つの貫通する流れがあるだろう。一つは近代との相克である。もう一つは古い男の生き方であろう。

時代背景は幕末であり、主人公は近代兵制に遭遇している。すなわちイギリスから渡ってきた大砲の習得に仲間とともに明け暮れているが、戸惑いを隠せないでいる。こんなものが必要になる時があるのかという思いとともに、武士たるものはという古い観念を捨てきれないでいるのだ。作品の中盤に主人公の母親の法事のシーンがあるが、そこで一族の長老に刀や槍で戦わない戦などけしからんと怒鳴りつけられるがろくに言い返せない主人公の姿は古い観念を捨てきれないでいることをよくあらわしているだろう。

そして何よりも最後の決闘シーン。このシーンではかつての道場仲間と戦うのだが、この仲間というのがまさに近代を生み出そうとして夢破れた男である。その男と近代に触れて戸惑いを覚えている主人公が斬りあいをするのだから皮肉なことではないか。主人公は男を斬ることに成功するが、止めを刺したのは西洋から伝わってきた最新式の銃である。主人公は森に潜む暗殺者達にやめろと叫ぶが近代の圧倒的な力の前にはむなしい響きにしかならない。

そんな主人公だからその生き方は古い男の生き方になってしまう。頑固で不器用で感情の表現が下手くそで、まっすぐで、でもやさしいというような。好いた女のために悪評が上がるのもかまわず、助けに行くような不器用さ。老獪な家老に対する怒り。古い男であるがゆえに悲しみのすべてを背負い込まなくてはならない主人公が最後に呟く言葉が「このむなしさはなんだろう」である。時代のうねりのただ中にいて己の小ささを自覚しないではいられない無念さがにじみ出ているようだ。

良い映画を見たと思う。劇場で観ておけばよかったと後悔させられるほどに。

人気blogランキングへ

|

« ペンギンの憂鬱 | トップページ | 弱法師 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/14847978

この記事へのトラックバック一覧です: 隠し剣 鬼の爪:

» 仮面ライダー電王のキャスト/松本 若菜(まつもと わかな) [仮面ライダー電王のすべて]
いつもありがとうございます。「仮面ライダー電王のすべて 仮面ライダー電王のブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。主人公良太郎の姉、野上愛理役の松本若菜さんを紹介します。1984年2月25日生まれ、身長163センチ、鳥取県出身です。趣味はショッピング、音楽鑑賞、スノーボードだそうです。特技は料理ということです。誰かに手料理を作ったりしてるんでしょうか。食べられる人がうらやましいですね。料理が上手な女性が好みな「おやっさん」てきには、非常に好感度高いです。ブロ...... [続きを読む]

受信: 2007/05/02 13:12

« ペンギンの憂鬱 | トップページ | 弱法師 »