« バッテリー 映画版 | トップページ | 白鳥百合子写真集 リリーホワイト »

2007/04/10

東映ヒロインMAX

白鳥百合子のファンになっていなければ絶対に手に取ることのなかった代物である。

体裁は雑誌というかムック本というか。

白鳥百合子のインタビューおよび写真が数ページに渡って掲載されており、他にも仮面ライダー電王に登場する松本若菜、秋山莉奈のインタビューと写真が掲載されている。ただこの雑誌のメインというわけではなく、仮面ライダーのちょっとした宣伝もかねてという控えめなものだ。

アイドル本としても読めるがそれだけではない。この本はなかなかマニアの心をくすぐる出来栄えとなっている。

メインは獣拳戦隊ゲキレンジャーだろう。この作品がメインとなって構成されている。僕らが子供の頃夢中になって見た、あのゴレンジャーの流れを汲む作品であるらしい。伊藤かずえ(そう、あの伊藤かずえも獣拳戦隊ゲキレンジャーに出演しているのだ)のインタビューにも出ていたが、昔とは随分様変わりしているらしい。なにせ戦隊側が5人じゃないらしいのだ。久々にそういったことを目にすると隔世の感がするとともに自分の歳を感じずにはいられない。

まあ、そのあたりはおいておくにしてもこの本が丁寧に作ってあるなと感心してしまうのは、そのインタビューの質と量である。出演女優だけでなく、制作プロデューサー、脚本家、振り付け、中に入って戦う人(スーツアクトレスと言うらしい)などなど非常にたくさんのそして幅広い人々のインタビューが掲載されていることである。これらのインタビューを読むとその製作の背景がわかってなかなか面白い。とくにメインライターの横手美智子、チーフプロデューサーの塚田英明のインタビューは実に読み応えがある。子供相手の番組とはいえ、その企画が成立するまでの産みの苦しみが想像されるのだ。

また、面白いのは特集かもしれない。不思議コメディーシリーズヒストリーと題された特集はロボコンに始まり、バッテンロボ丸やロボット8ちゃん、ちゅうかないぱねま、ちゅうかなぱいぱい、果てはシュシュトリアンまで、実に多彩なそれでいて懐かしいビッグネームぞろいの記事になっている。子供時代に夢中になって見たあのロボット達の各話を思い出せるわけでもないのになぜか甘酸っぱいような気分にさせられるから不思議だ。編集後記にも書かれているが少し足早ではあるものの、ボリューム満点で実に楽しい。そうそうこんなのあったっけと感動することしきりだ。お奨め記事だろう、ぜひ読んで欲しい。

一つ思ったことは出演女優に共通することがこの作品を通して成長できたと異口同音に述べていることだ。それはベテラン俳優のインタビューにおいても若い彼らが日増しに成長するのがわかると述べていることと符合する。よくよく考えればそれは当然のことかもしれない。なんとなれば一年の長丁場である。与えられた役と向き合う期間が長く、じっくりと作品と向き合うことができるということなのだろう。経験の少ない俳優さんにとってみればそれ実に貴重な経験であり、学びの時間なのだろう。日本の映画、テレビドラマにおけるヒーロー物の位置づけを改めて認識させられた次第だ。ヒーロー物というのは一つの学校なのかもしれない。

しかし歴史が長いとはいいことですな。豊穣で厚みのある歴史というのが日本のヒーロー物にはある。それはとても貴重なことなのだ。

ところで白鳥ファンとしては彼女のロングインタビューが読みたかったりする。同じシリーズで仮面ライダー電王の特集記事やってくれないだろうか?っていうかもう既にあるのだろうか?

人気blogランキングへ

|

« バッテリー 映画版 | トップページ | 白鳥百合子写真集 リリーホワイト »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/14635961

この記事へのトラックバック一覧です: 東映ヒロインMAX:

» 白鳥百合子の画像 [人生は楽しい]
白鳥百合子は2004年4月、仙台の専門学校卒業を期に、女優を目指して上京 [続きを読む]

受信: 2007/04/25 18:40

« バッテリー 映画版 | トップページ | 白鳥百合子写真集 リリーホワイト »