« バブルへGO タイムマシンはドラム式 | トップページ | バッテリー 映画版 »

2007/02/18

どろろ

今一番の話題作だろう。妻夫木聡と柴咲コウというビッグスターを揃えて当たらないはずがないという感じだ。

事実日曜日の1回目という時間にもかかわらずお客さんがかなり入っていた。しかも各年代満遍なく入っていたからすごいというしかない。大抵の映画は客層が偏るものだが、この作品にはそうしたことがないように思う。考えてみれば時代劇のテイストを軸に据え、しかも時代劇の枠からはみ出そうとしているのは、苦みばしった老人も能天気な若者も虜にするかもしれない。このあたりは作り手の慧眼といったところか。

日本の作品にしては珍しい感じがしたのは主人公と「父親」との関係が描かれていたからだろうか。小説にせよ映画にせよ日本の物はなぜか父より母が注目されるものが多いと思う。昨今話題の東京タワーを見ればわかるだろう。基本的に日本の物は母の穏やかさや母の包容力を求めるものが多く、父の持つ厳しさや強さがあまり前面に出てこないように思う。父を乗り越えていく物語が本当に少ないように感じるのだ。だがこういった傾向は一時的なものなのかもしれない。これまでの日本は長すぎる不況と激変する社会環境に揉まれて不安が先行する社会であったから、母が求められたのだろう。だがこれからは一応は不況から抜け出し、変革の時期もひと段落して恐らくは海外との戦いに移っていくのだろうと思う。それは日本自身が超えなければならない壁であろう。強く気を抜けない相手。物語の世界においても、そのような偶像が生み出されていくと僕は思っている。そのような偶像の一つの典型が父親であると思うのだがどうだろうか。きっとこれからの映画は強い男を倒す男の物語がたくさん作られると思うのだが。

もっとも母に関する物語の多さは、日本が母系社会から始まったと言われることがあるから、今日においてもその影響があるのかもしれないが。

変革期の映画かもしれないと思う。

さて最後にどうでもいいが、最後の魔物を倒した数が表示されたのはこすいやり方だ。続編を作るつもりなのだろう。TBSさんだしねぇ、NANAのようにならなければいいが。

人気blogランキングへ

|

« バブルへGO タイムマシンはドラム式 | トップページ | バッテリー 映画版 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/13961460

この記事へのトラックバック一覧です: どろろ:

» どろろ 07-09 [奇跡の人の映画部屋]
鑑賞日 2月18日 感 想 ヒット中の映画らしいので見てきました、悪くないですね。かなり外した映像を期待(?)していたのですがわりとまともでビックリしました。 ちょっと気になったのですが百鬼丸の身体と引き換えに父親醍醐影光が魔物から貰った力っ... [続きを読む]

受信: 2007/02/18 21:39

« バブルへGO タイムマシンはドラム式 | トップページ | バッテリー 映画版 »