« それでもボクはやってない | トップページ | どろろ »

2007/02/12

バブルへGO タイムマシンはドラム式

なんとも楽しい映画だ。能天気で明るくて軽くて。ノリがいい。肩の凝らない映画だ。

ストーリー自体は何てことのないものだ。タイムスリップものにありがちな話で、先にタイムスリップした者がタイムスリップした先で行方がわからなくなり、その者を追って後から主人公がタイムスリップしていく。でこの主人公は行方不明者を探すだけでなく、もう一つ重大な使命を持っている。

ま、だいたいこんな具合に話が進んでいく。しかもハッピーエンドになるというのも定番か。だが愉快なのはこの映画に出てくる小道具たちであろう。洗濯機にしか見えないタイムマシンやバブル期のファッション、音楽。タイムスリップ物につきものの現代とのギャップに驚くというお決まりのパターンも踏襲されている。

この映画で一つ特徴をあげるとすれば現在では否定されること多いバブルを結構肯定的に捉えているということではないかと思う。主人公はクルージングの船の上で、お酒を飲みながら「バブルって最高ー!」と叫ぶシーンがあるが、あれはまさにあの時代を謳歌した者の偽らざる本音の部分ではあるまいか?私はあの時代を中学生として過ごしていたからバブルの恩恵にはあずかれなかったが、その私の目から見てもあの時代は明るくキラキラ輝いていた。経験してみたかったと憧れる気持ちがすごくある。

だが一方で主人公が下辞川に「不安じゃないの?」と訊ね下辞川が「全然」と答えるシーンはある種の後悔が混じっているように思われる。危機感もなく「ジャパン アズ ナンバー1」を無邪気に信じていた自分を振り返ってしまうのだろう。あまりに無邪気すぎ愚かでありすぎたという苦い後悔の味が入り混じったやりとりであったに違いない。

とはいえ明るく能天気なトーンは変わらないのだが。

最後に主人公を演じた広末涼子について。結婚してママになったとは思えないほどのはつらつとした若々しさを保っていた。今でも彼女はスーパーアイドルなんだなと思う。日曜日の1回目に見たのだが恐らくは広末ファンと思われる男性客がけっこういた。マスコミに散々色んなことを書かれたが、今でも根強いファンがいるのだ。彼女はまだまだこれからも活躍するのだと思った次第だ。

人気blogランキングへ

|

« それでもボクはやってない | トップページ | どろろ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/13877708

この記事へのトラックバック一覧です: バブルへGO タイムマシンはドラム式:

» 田代さやか、本当に「でかい」“胸写り”に感動 (映像あり) [田代さやか 画像 動画 ニュース]
グラビアアイドルの田代さやか(21)が11日、東京・神保町の書泉ブックマートで写真集「Special」の発売記念イベントを行った。 同写真集は、TBS系「和田アキ子殺人事件」(12日・後9時)で、写真家・加納典明氏(64)との撮影シーンがきっかけで実現。田代は「調子に乗って、作品が撮れました」と笑顔。加納氏から「今まで撮ったカメラマンの中で、一番胸を大きく写してやる」と言われたそうで、「できあが... [続きを読む]

受信: 2007/02/12 11:48

» なかやまきんに君、アメリカで大ウケ [芸能FLASH]
昨年10月から米国カリフォルニア州ロサンゼルスに筋肉留学しているピン芸人・なかやまきんに君(28)が9日、サンタモニカで初の単独ライブを開催した。 [続きを読む]

受信: 2007/02/14 22:48

« それでもボクはやってない | トップページ | どろろ »