« NANA2 | トップページ | それでもボクはやってない »

2007/01/28

マリー・アントワネット

本当は周防監督の「僕はやってない」を見ようかと思っていたのだが、どうせ混んでるだろうし、それならきっと空いているこの映画にとおもって見に行ったら、なんと混んでた。日本人は案外フランス革命好きなのかもしれない。豪華絢爛だしね。見ている分には楽しいでしょ。

客層は断然女の人が多かった。若い子から中年のおばさんまで。男性を探すほうが難しい。やはりベルサイユのバラの影響なのだろうか?男性にはわからん感覚だ。

さて、内容なのだが、この映画を見たら怒り出す人がいるんじゃないかと思う。というのも通常我々が思うマリー・アントワネットというのは断頭台の露と消えた悲劇の王妃というものだろう。近代を生み出すために生まれてしまった大きな悲劇というのが我々の見方だろうと思う。

ところがこの映画はそんなものには目もくれず、ひたすら等身大のマリー・アントワネットを描いていく。天真爛漫で、明るく、夫婦間の悩みも抱え、時にはいい男と恋に落ちる。要するに重々しく、説教臭い史劇という我々の先入観を打ち破るのだ。

実際のマリーは本当にただの女の子だったのかもしれない。その辺歩いているような感じの女の子に。

この映画を見て明るくポップなと表現するものもいるだろう。でもこの表現はおそらくこの映画のすべてを言い表していないと思う。それは等身大のマリーを描いたが故の誤解と言うもので、この作品は間違いなく悩み、傷つく女の一代記であって、人生の真実を誠実に追い求めようとした人間の姿を描こうとしていると思う。ポップミュージックと華やかな衣装とおいしそうなスウィーツに誤魔化されてはいけないと思う。

ただこの作品は人物の描きこみが足りないと思う。マリーもそうだが夫のルイ16世、フェルゼンも何のためにいるのかよくわからない存在感の薄い描き方だった。この辺りをもう少しきっちり描けば本当の傑作だったろうに。意気込みはすごく感じる映画だっただけに惜しいなと思う。

人気blogランキングへ

|

« NANA2 | トップページ | それでもボクはやってない »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/13695031

この記事へのトラックバック一覧です: マリー・アントワネット:

« NANA2 | トップページ | それでもボクはやってない »