« 武士の一分 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

2006/12/31

大奥

仲間由紀恵主演作にして、テレビでのヒットシリーズの映画版である。もっともこの作品はテレビシリーズを見ていなくても大丈夫なように作ってある。

本当は見に行くつもりなどなかったが、何となく見てしまった。お客さんはかなり入っていて期待の高さをうかがわせる。女性客が多かったのではないかと思う。

さて内容なのだが、すべてが豪華であった、出演女優もセットも衣装も。視覚的にはすごくてため息が出るほどなのだが、なんだかつまんない。ちっとも面白くないのだ。

この作品は二つの恋が描かれている。一つは主人公絵島と生島新五郎との恋。もう一つは絵島が仕える将軍生母の月光院と側用人との恋。封建制下しかも大奥の中の女性であるためこの二つの恋は許されざる恋という扱いになるのだろう。

しかし月光院と側用人との恋は許されざる恋という印象を素直に映画から受け取ることができるが、絵島と生島新五郎との恋はどうなんだろう?

思うにこの作者はこの二つの恋を効果的に対置することができなかったのではないか。おそらく構想としては対置させ、絵島と生島の悲劇をいっそう際立たせようという考えであったと思うが、それがうまくいかなかったのではないかと思う。悲劇が悲劇のように見えない、あるいは観客の方としては乗れない原因になってしまっている。

これは当然の帰結であるかもしれない。というのもこの恋の始まりの創作が間違っているのだと思う。この恋は大奥の勢力争いから端を発していて、初めから絵島をはめようという罠から始まった話なのだ。本作では絵島と生島はそれでも恋に落ちるのだが、あまり面白いものではなかった。もっと自然に出会い、愛し合いそれが自分達のあずかり知らぬところで大変な悲劇を引き起こすという点をもう少し強調したほうがよかったのではないかと僕は思っているのだが。

ただ、この手の作品は女性と男性では評価がまるで違うだろう。女性の感想を聞いて見たい気がする。

人気blogランキングへ

|

« 武士の一分 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/13272997

この記事へのトラックバック一覧です: 大奥:

« 武士の一分 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »