« 大奥 | トップページ | NANA2 »

2006/12/31

硫黄島からの手紙

クリント・イーストウッド硫黄島2部作の2部作である。

よく外国人である彼が、しかも敵国であるアメリカの監督さんがこれを作ったものであると思う。またこの作品を作ってくれたことに対して敬意を表したい。

さて、本作は戦争映画であるにもかかわらず徹底的にヒロイズムが排除された作品であるといえると思う。かっこよさもなければ自決の美しさもない。あるのは生な人間の姿だけである。

またこの作品は日本が一方的に、或いは日本に一方的に反省をする、求めるという作品ではない。昨年公開の「男達の大和」には贖罪意識の妙な説教臭さがあったが、この作品にはない。あるのは過酷な状況に追い込まれた人間達の自然な感情の揺らぎである。

この2部作に共通して流れるのは国家と個人の関係であると思う。国家が個人に求める過酷な要求に応えようとして苦悩する人間の姿を描いている。あるものは国家に殉じ、あるものは自分の生を追求し挫折し、あるものは自分自身を喪失してしまう。そこには国家に守られて生きていかなくては生きることができない個人の矛盾があるのだと思う。それは国家に対する単純な怒りではなくて、そのような環境に身をおかざるを得ない人間存在の皮肉というものなのだろう。この映画は国家に対する単純な怒りを表明するものではなく、また個人に起きた悲劇を嘆くのではなく、国家と個人の関係を冷静な目で観察することに主眼を置いているように思う。

なかなかこの2部作は考えるところが多い作品である。両方とももう一度見直してみたい。

人気blogランキングへ

|

« 大奥 | トップページ | NANA2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

初めまして、
映画、お好きなんですね。

私はですねぇー、情けないことに、ビデオとDVDの使い方が解らないのです。。

映画に興味はあるんですけど、、
一緒に映画を観てくれる(機械やってくれる)人、募集中です。

投稿: りえ | 2007/01/26 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/13273513

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄島からの手紙:

« 大奥 | トップページ | NANA2 »