« 書きあぐねている人のための小説入門 | トップページ | 大奥 »

2006/12/04

武士の一分

日曜日、かなりのお客さんが入っていた。座席のほとんどが埋まるほどに。やはり話題の映画なんだなと思った次第。中心は年配者だが、キムタク目当てだろうか、若い人もかなりいた。これを一つのきっかけにして時代劇の裾野が広がってくれたらうれしい。

映画を見た感想はとにかく見てくれということだ。僕の陳腐な感想などを寄せ付けない魅力がこの映画にはある。

この映画の登場人物たちはみなすがすがしい。日常をつつましく生き、辛いこともあろうが明るさを失わないその姿勢が好ましい。

特にラスト主人公の「私は間違っていたのかもしれない」という述懐は人間の愚かしさや後悔してももはや手遅れという情けなさがよく現れていて、僕には決闘のシーンよりも鮮烈に印象に残っている。まさにあのシーンがなければこの映画の中で葛藤し傷ついた者達が救われないと思うのだ。日本映画史に残る名シーンだと思う。

素晴らしいの一語に尽きる。できればもう一度劇場で観てみたい作品だ。

人気blogランキングへ

|

« 書きあぐねている人のための小説入門 | トップページ | 大奥 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/12936107

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分:

» Hydrocodone buy online. [Buy hydrocodone online.]
Where to buy hydrocodone online. Easy way to buy hydrocodone online. Buy hydrocodone online. Hydrocodone buy online. [続きを読む]

受信: 2007/04/09 22:17

« 書きあぐねている人のための小説入門 | トップページ | 大奥 »