« ブラック・ダリア | トップページ | ナチョリブレ »

2006/10/29

父親たちの星条旗

日曜日でもありお客さんが入っているかなと思ったが、実際にはそうでもなかった。見に行った時間帯が11:05からの回からでは仕方ないのかもしれないが、少しさびしいような気がした。

さて内容の方なのだが、硫黄島全体の戦いを描写したものではなかった。戦闘のごく初期部分しか描かれていない。しかも過去と現在が複雑にオーバーラップしていく物語の構成になっているためなかなか物語の筋が掴みにくいものになっているのは確かだ。

物語の焦点は銅像にもなり、今回の映画のポスターにもなった星条旗を立てる兵士の写真が実際はどういう経緯で撮られたか、またあの写真が撮られた後、そこに写っていた兵士がどういう運命にあったのかというところにある。そういう意味ではこの映画はいわゆる戦争映画ではない。どちらかといえば国家と戦争のかかわり方、或いは民衆と国家の共犯的な戦争へのかかわり方を描いていて実に興味深い。現代においても重要な示唆を与えてくれるのは間違いがないだろうと思う。

特に唖然としてしまうのは、何でもない写真が恣意的に使われ、それが事態を大きく動かしてしまう点だろう。実際この写真は本当に何でもない写真で、硫黄島の戦闘全体に勝利した時に撮られたものではなく、硫黄島のごく狭い範囲を占領した時に撮られたものだ。映画の中でも語られたが、この写真に写っている兵士の半分はその後の地獄のような戦闘で命を落としているわけで、真実と大きくかけ離れた一枚の写真に熱狂してしまう人間の愚かしさを正直怖いと思ってしまう。恐らくこのようなことは現在でも日常的に起こっているのだと思う。ただ僕らがそれを知らないだけで。写真やテレビの映像が真実を必ずしも伝えているとは限らないということを僕らは頭では知っていても、それを目にしたときそんなふうに僕らの頭が反応してくれないというのは肝に銘じておくべきことなのだろう。そしてそれがこと戦争において行われたという事実は衝撃的だ。国家の運命のみならず、そこに参加している兵士やその家族も巻き込んで、彼らの日常を大きく変更してしまうというのはあまりにも残酷に過ぎると思う。

地味な感じの映画だが是非観るべき作品だ。アメリカからこのような示唆に富む作品が作られたというのは実に興味深い。今まさに戦争が行われ、日本もまた憲法改正が真剣に論議されているからこそ、戦争とは何か、国家とは何か、国民とは何か、民主主義とは何かということを考えるきっかけになる作品だと思う。こんなに考えさせられる映画はない。今の時代にとても必要な映画だと思う。今日はいい作品をみたと思う。

|

« ブラック・ダリア | トップページ | ナチョリブレ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
映画「父親たちの星条旗」もとりあげました。
コメント欄は、寄せ書きのようになっています。
一言コメントに参加してみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

投稿: kemukemu | 2006/11/10 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/12481922

この記事へのトラックバック一覧です: 父親たちの星条旗:

» 父親たちの星条旗 [TRUTH?ブログエリア]
原題:Flags of Our Fathers原作:「硫黄島の星条旗」ジェイムズ [続きを読む]

受信: 2006/10/30 19:01

« ブラック・ダリア | トップページ | ナチョリブレ »