« パイレーツ オブ カリビアン 呪われた海賊たち | トップページ | 薄桜記 »

2006/09/24

電車男・テレビ版 最後の聖戦

感想は一言。悪乗りのしすぎだろ?

今回は電車男がタヒチに行ったり、ネット企業の悪巧みにはまったりといろいろ忙しいがなんかすべてのネタが安直だったように思えてならない。

根本的にこのドラマ、設定がぶっ飛んでいたとは思うのだが今回はやりすぎだったと思う。

だいたい、ネット企業の社長のキャラがいきなり途中で変わったのはなぜなんだ?登場したときはクールでビジネスのことしか頭にない感じの嫌味な男だったくせに、途中でいきなり裏声使って変態チックになり、最後はお子チャマキャラになっちゃった。こういう激しすぎる変化は視聴者を混乱に陥れると思うのだが。

それからタヒチ。なぜタヒチ?なぜ黒真珠?自信をつけるため?なんのこっちゃ。そんな馬鹿馬鹿しい理由でタヒチにいってはいけない。行かねばならない必然性というのをもう少し丁寧に作りこむべきだろう。これではただの悪乗りだ。

盛りだくさんの内容になってはいたが、印象に残らない作品だと思う。はっきりいって駄作であったと思う。

人気blogランキングへ

|

« パイレーツ オブ カリビアン 呪われた海賊たち | トップページ | 薄桜記 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/12016829

この記事へのトラックバック一覧です: 電車男・テレビ版 最後の聖戦:

« パイレーツ オブ カリビアン 呪われた海賊たち | トップページ | 薄桜記 »