« かもめ食堂 | トップページ | 嫌われ松子の一生 »

2006/06/04

佐賀のがばいばあちゃん

けっこう前に発売され売れた本だから知っている人も多いだろう。読みやすく一日で読めてしまう肩のこらない本だ。

文章の巧拙でいえばそれほどうまいものではあるまい、だが、一生懸命書いているのがよく伝わってくるものではある。

主人公は父と早くに死に別れ、母とは離れて暮らす少年だ。佐賀のばあちゃんの家に住むのだが、このばあちゃんが個性的だ。まさにこのばあちゃんの魅力で一冊の本が出来上がっている。

自然体で生きていく素晴らしさを訴えているのだろう。この本が売れたという事実はいまの日本に必要な要素が詰まっているということなのだろうと思う。

ま、そんなとこですな。

人気blogランキングへ

|

« かもめ食堂 | トップページ | 嫌われ松子の一生 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/10390294

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀のがばいばあちゃん:

« かもめ食堂 | トップページ | 嫌われ松子の一生 »