« 風と共に去りぬ | トップページ | かもめ食堂 »

2006/05/28

ダ・ヴィンチ コード

今年一番の話題作かもしれない。映画公開にあわせて文庫本も快調に売れているらしい。土曜の昼ごろに見たが、客の入りはまずまずであった。

だが、一部では駄作との評があるらしい。僕としては駄作とは思わなかった。恐らくキリスト教圏の人々と日本人の感じ方の違いなのかもしれない。

例によって僕は原作より先に映画を見てしまったが、映画館を出た後、本屋に直行し原作本を買ってきた。日本人にはとっつきにくい題材であることは確かだ。

キリスト教の誕生にまつわるミステリーと解してよいのだろう。だが、テンプル騎士団がどうしたとか、マグダラのマリアがどうしたとか、ストーリーはなんとなく追えるもののなかなかついていきがたい。キリスト教に予備知識がないものには難しいというのが率直な感想だ。

それよりなにより説明セリフがどうしても多くなってしまうのは、致し方ない面があるにせよやはり退屈だ。いや、退屈させないように作っているのだが、そしてそれは非常に上手に作ってるのだがやはり退屈だ。だが説明セリフを飛ばして作るわけにはいかない作品であることは間違いないわけで、そういった面でも難しい作品なんだなと思った。

また、聖杯が何で、誰であるかというこの作品の最大のオチが映画の後半からなんとなく読めてしまうのもこの作品の欠陥であるかもしれない。

全体として説明に忙しく、ミステリとしての醍醐味は少ない作品かもしれない。その辺りが駄作と評されてしまうのだろう。ただ、話題の小説が必ずしも良質な映画作品になるとは限らないわけで、この映画はその典型であるかもしれない。

そうそう、どうでもいいが、ヒロイン役をやったオドレイ・トトゥは恐ろしく足の細い女優さんだった。そしてトム・ハンクスの髪型はまったく似合っていなかった。妙なところに目がいってしまうのも、この作品の力のなさを表しているのかもしれない。

人気blogランキングへ

|

« 風と共に去りぬ | トップページ | かもめ食堂 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/10280020

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ コード:

» 漫画喫茶デートが実現 [優希]
ヒマだったし言ってみたケバめの化粧の方が似合うって言ってくれたから気合入れてメイクしてみた・・・・ [続きを読む]

受信: 2006/05/30 01:31

« 風と共に去りぬ | トップページ | かもめ食堂 »