« 中国ってやっぱりすげえや | トップページ | キャッチ ア ウェーブ »

2006/04/30

寝ずの番

話題になっていた津川雅彦ことマキノ雅彦の第1回監督作品である。

ゴールデンウィークの初日、しかも昼の2時半からの上映であったにもかかわらず客の入りは決していいとはいえなかった。客層は中年以降の人が大半で僕と同年齢や僕より若い人は皆無であった。

見ていて唖然とした。下ネタのオンパレードなのだ。特にラストの歌合戦などは最悪であった。ほとんど悪ふざけにしか見えなかった。ああいうことを映画にしてはいけないと強く感じた。

映画の冒頭は「そそ」と「そと」を聞き間違えるというネタなのだがここでの観客の受けは良かった。よく笑い声が聞こえていたし、皆楽しそうであった。ところが映画が進むにつれ下ネタばかりが目に付くようになると、観客から笑い声が消えた。もう、見事に消えた。完全にお客は引いてるなとわかってしまった。

萩本欽一、あの欽ちゃん球団の欽ちゃんは下ネタを決してやらないという。お弟子さんたちが下ネタをやるとすごく怒ると聞いている。それは何も欽ちゃんが倫理的だとか、フェミニストだとかではなく、下ネタをやると一回目はお客は笑ってくれるが2回目、3回目になるとお客は笑ってくれないからだという。今回の映画は図らずも欽ちゃんの下ネタに対する評価そのままにお客が反応していた。こういうことを映画の製作現場の人々は知らないわけではなかろうに。こんな作品は作るべきではなかったと思う。

恐らくは落語の艶笑話を狙って作ったのだろうが、狙いは外れているといわざるを得ない。

また、この作品の特徴は3つの小話からなっているということだろう。師匠の死とお通夜、一番弟子の死とお通夜、おかみさんの死とお通夜。この構造は果たして成功なのだろうか、失敗なのだろうか。

少なくともこういう構造にしたことはテンポがよくなるとは言える。だが、人物の掘り下げには向いていないと思う。師匠という人が中心になって、全ての登場人物が関係付けられているのだから本来なら師匠を深く掘り下げていくべきだっただろう。例えばおかみさんの通夜で師匠の恋のライバル、鉄工所の元社長が出てくるが、この人物が師匠のお通夜で出てきても全く違和感がなく、むしろ人生の不可思議さ、切なさが表に出てきたのではないかと思う。なにせこの社長師匠のファンだったのだから。

おかみさんの死と一番弟子の死はなくても良かったのではないか。師匠を深く掘り下げ、師匠を反射板にして、弟子を初めとする回りの人物の人生を照射すべきでなかったのではないかと思う。物語の分断は最も避けるべきことだと思うのだが。

ごく平たく言えば、期待はずれの作品であった。

人気blogランキングへ

|

« 中国ってやっぱりすげえや | トップページ | キャッチ ア ウェーブ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/9833313

この記事へのトラックバック一覧です: 寝ずの番:

« 中国ってやっぱりすげえや | トップページ | キャッチ ア ウェーブ »