« ヨーロッパの乳房 | トップページ | ブログ開設1年 »

2006/03/26

今さらながらのWBCの感想&西遊記の感想

今週はWBCの話題が日本のマスコミを占拠してしまった。僕も普段は野球などちっとも見ないのに、決勝戦は見てしまった。職場でも話題になったのだから、野球世界一という事実は一つの事件だった。

全体を考えてみれば何とも劇的な勝利であった。予選リーグで韓国に負け、アメリカに負けもはや死に体だと誰もが思った時、メキシコという神様が日本を決勝トーナメントに連れて行ってくれた。しかもその相手が2連敗していた韓国とは!もしも野球の神様がいるとするならば、粋な演出をするものだ。

決勝戦もハラハラさせられる展開であった。6対5の一点差に追い上げられた時、誰しもコりゃいかんと思ったのではないか?9回の表、たしかワンアウト一・二塁ではなかったかと思うのだが、あそこで日本の至宝とも言うべきイチローの打順が回ってきたのは天の配剤としか言いようがない。あそこがイチローの正念場だった。テレビにかじりついていた誰もが「イチロー打て!」と念じたはずだ。そしてあそこで本当にイチローがタイムリーを放ったとき、僕はイチローってスゲーと思ってしまった。ごく単純にスゲーと思ってしまった。あんなプレッシャーの中をよく冷静にヒットを打てるものだと、そのタフな精神力に脱帽した。あのヒットは僕にとって忘れることができないヒットになったと思う。こんな試合を見せてくれたキューバと日本の選手と、なぜか日本の休日に決勝戦を組んでくれたアメリカに感謝したい。

でも、どうして平日に決勝戦なんか組んだんだろう?アメリカも休みだったのかな?

西遊記は20日が最終回であった。視聴率もなかなか良かったらしい。月9という時間帯に全く新しいジャンルに挑戦したフジテレビの気概はまず評価すべきだと思う。だが、内容は・・・・・。

以前にも書いたが、孫悟空と三蔵法師の立場が逆転してしまっている。しかも毎回、毎回悟空の決め台詞が説教くさくて適わなかった。

もしかしたら僕は夏目雅子のあの西遊記にこだわりすぎているのかもしれない。新しいものを作ろうとしたらああいう形になるしかなかったのかもしれないと思っている。

どうでもいいが、毎回のギャグはとても面白かった。やはり日本人はディティールを作らせたらうまいなと思わざるを得ない。それだけに全体の悟空と三蔵のキャラクターをもう少し考えて欲しかったなと思う。

人気blogランキングへ

|

« ヨーロッパの乳房 | トップページ | ブログ開設1年 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/9267149

この記事へのトラックバック一覧です: 今さらながらのWBCの感想&西遊記の感想:

» イチローの名言集 [名言・格言・ことわざ・詩・ポエム集~山本五十六の語録・名言も~]
小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています いつもお世話になっております。感謝致します。 あなたの心を揺らす名言・格言・"いい"言葉であったら幸いです。... [続きを読む]

受信: 2006/03/28 23:25

« ヨーロッパの乳房 | トップページ | ブログ開設1年 »