« 国家の品格 | トップページ | 白洲次郎 占領を背負った男 »

2006/02/20

PROMISE

月曜日でしかも雨降り。寒くて映画館に行くのが億劫なくらいだがせっかくの休みをもったいないと思い直し、出かけてきた。

客の入りは散々で、広い劇場に20人程度だった。客層なんていってもこれでは判断のしようがない。もっとも平日だから中年層が断然多かったように思うが。

「さらば我が愛/覇王別姫」で巨匠になってしまったチェン・カイコー作品であるが、今ひとつな感じがした。

そりゃあね、衣装は美しかったよ。画面も迫力があった。アクションだって派手でかっこよかったかもしれない。何より出演した俳優の熱意は素晴らしかったと思う。ただ、ストーリーテラーとしての能力がどうなんだろう?

一人の貧しい少女が満神という神様に出会って、「世の中の全ての男から望まれる姫にしてあげましょう。そのかわりあなたは一生本当の愛を得ることができない」と約束するところから物語りは始まるのだが、この物語の始まりは実にワクワクさせられる。この少女のその後の人生がどうなるか、俄然興味が出てくるが、その後がいただけない。物語の冒頭で少女に興味を持たせたくせに、その後の物語は少女の物語ではないのだ。

その後の少女は傾城という美姫になるのだが事実上物語りは光明という戦に強い大将軍を中心に物語が進められていく。ではこの物語は光明と傾城の悲恋の物語なのかといえばその通りではあるけれども、その通りではないとも言える。なにせおいしいところは全部光明の奴隷が持っていってしまうのだ。

要するに人物の配置がイマイチな映画なのだ。本来主人公になるべき人がならず、登場人物の主従が間違っている。多くの登場人物の背景を描こうとして余計なところに力が入りすぎ観客に主従の混乱を招かせている。これでは観客は物語に入り込めない。

僕はこの映画を傾城に絞って物語を構築すべきではなかったかと思う。そうすれば余計な物語がすっきり整理されて面白くなっただろうに。冒頭部の出来がよかっただけに、惜しまれる結果となった作品である。

人気blogランキングへ

|

« 国家の品格 | トップページ | 白洲次郎 占領を背負った男 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/8758159

この記事へのトラックバック一覧です: PROMISE:

« 国家の品格 | トップページ | 白洲次郎 占領を背負った男 »