« PROMISE | トップページ | 県庁の星 »

2006/02/24

白洲次郎 占領を背負った男

読みたい読みたいと思いながらなかなか読めなかった本だ。だがよくよく考えるとなぜ読みたいと熱望したのか、まったく思い出せない。

思い出せないといえば本作の主人公白洲次郎を僕がどうしやって知ったのかも思い出せない。なにかの雑誌の記事で読んだのだろうが、それが全く思い出せないのだ。

というわけで読んでみた。奥さんである正子はエッセイストで知られているし、僕もそれくらいは知っている。

一読して思ったことは何とも形容しがたい人だということだった。間違いなく政治家ではない。官僚でもなければ、財界人でもない。いわゆるジャンルに当てはまらない人。それが白洲次郎だ。どうでもいいがどうやって収入を得ていたんだろう、この人?

本書の中で圧巻だったのは憲法制定の舞台裏だろう。アメリカに押し付けられた憲法であり、非常に短期間で製作されたものであることは知ってはいたが、ここまでひどい成立過程をたどっていたとは正直驚きだった。その渦中にいた次郎をはじめとした日本人のきもちはいかばかりか。確かに戦争には負けたけれども、国家の根幹さえも自由にいじくられるというのははなはだ気分が悪い。この憲法を改正できていない子孫である我々は、当時の人々にどんな顔をすればいいのだろうか?

プリンシプルという言葉を初めて知った。日本語に直せば原則というものになるようだが、もっと深い言葉であるように思う。

先日ホリエモンが逮捕されて話題になったが、おそらく彼はプリンシプルからはもっとも遠い男ではなかろうか。プリンシプルという言葉は原則を通すことによって生み出される気品というものを含めた言葉であると思う。思えばホリエモンに最も欠けていたのはこの気品であったと思う。

次郎はこの言葉をモットーに生きていた。ダンディと形容されることが多かったようだがそれは恐らく気品があったればこその事なんだろうと僕は思う。

今ではかなわぬことだが、一度くらい話してみたいと思う人物だ。

人気blogランキングへ

|

« PROMISE | トップページ | 県庁の星 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/8819073

この記事へのトラックバック一覧です: 白洲次郎 占領を背負った男:

« PROMISE | トップページ | 県庁の星 »