« 男たちの大和 | トップページ | キング・コング »

2005/12/31

2005年映画・書籍ランキング

2005年も今日で最後である。ちょうどいい機会だから今年目にした映画、および書籍のランキングなどを書いてみたいと思う。あくまで僕が見たものの範囲で選ぶので、何であれが入ってないの?とかランキングから洩れてる!とかいろいろおっしゃりたい方はいるであろうがあくまでも僕の独断と偏見で選んでいるので許して欲しい。ベスト5位までを選んだのでこの正月DVDでも見ようかな、本でも読もうかなという人は一つの参考にしてみてはいかがでしょうか。

ところで今回の記事でちょうど100本目となる。3月31日にこのブログを始めてよく途切れなかったものだと自分でも感心してしまう。今まで12086人の方が読んでくださった。ありがとうございました。

書籍

1位 博士の愛した数式 小川洋子

2位 雨恋 松尾由美

3位 バッテリー あさのあつこ

4位 ミカドの肖像 猪瀬直樹

5位 龍樹 空の論理と菩薩の道 瓜生津隆真

今年は上下巻本も含めれば22冊読みました。決して多いわけではない中から以上の5冊を選んだ。僕は買ってきた本は2回読むことにしているので、冊数はあまり多いほうではない。

1位の博士の愛した数式は文句なく完成度が高い。何度読んでも泣けるだろう。多くの人に勧めたい本だ。

2位の雨恋はミステリーとしての完成度は高いほうではないのかもしれないが、幻想的な美しさを備えた作品である。いつか映像作品になるのではないかと思っているのだがどうだろう?

3位のバッテリーは少年の成長過程を通して友情や家族の関係、悩み、孤独感が描かれている。大人になっても心が熱くなる作品である。

4位はタイムリーな話題の時に出されたものだ。しかし近代天皇制の本質に迫ろうとしている作品であり、衝撃的事実に何度も直面する本である。ぜひ読んでいただきたい。5位は仏教を完成の域にまで高めた僧侶の理論と生涯である。難解な論理ではあるのだが、絶対に征服してやろうと思わせるものである。

映画

今年は30本の映画を見た。実際の配収はどうだか知らないが、質としては珍しく洋画のほうが低調で邦画のほうが高かった。話題作も多く、スターウォーズ、NANA、電車男、宇宙戦争、亡国のイージスなどがあった。ハリウッドが何を題材としていいのかわからないという、悩みがよく現れた一年ではなかっただろうか?なんにせよ日本の映画ファンには邦画の勢いを取り戻したという事実は実りの多い一年であったには違いない。

洋画

1位 チャーリーとチョコレート工場

2位 コープス・ブライド

3位 オペラ座の怪人

4位 大いなる休暇

5位 宇宙戦争

選ぶのに苦労した全体的にレベルが低い。5位の宇宙戦争など入れるべきではないと思うのだが、他に選びようがなかったので選んでしまった。

1位、2位はティム・バートン&ジョニー・デップ作品である。1年の間にこのコンビの作品が2本も見られるのは幸せなことだ。僕は今年の主演賞はジョニー・デップにあげたいのだが。ちなみに助演賞にはチョコレート工場に出てきた、インド人のちっちゃいおっさんにあげたい。

3位は豪華絢爛さが売りの作品。チャーンチャラチャラチャーンが耳から離れない。

4位は有名スターがまったく出ていないにもかかわらず実に味わい深い作品である。カナダのフランス語圏の映画だ。ぜひぜひ見ていただきたい作品である。

邦画

1位 電車男

2位 ALWAYS 3丁目の夕日

3位 男たちの大和

4位 いらっしゃいませ患者さま

5位 妖怪大戦争

逆に邦画は選ぶのに苦労した。ここには出ていない阿修羅城の瞳、タッチ、春の雪、NANA、鳶がクルリとなどはぜひとも入れたかった。

1位は秋葉原のキスシーンが美しかった。そして日本中の男がエルメスに理想の女性像を見たのではあるまいか?また、ネットという文字で表現される空間を映像にしたという表現形式の苦労も評価すべきであると思う。

2位は一位と甲乙付けがたい。本当に良い出来で脱帽した。笑いと感動が合わさり、他のお客さんと味わったあの幸福な時間を僕は忘れまい。ロクちゃんをやった堀北真希に新人賞である。

3位は現在公開中の映画。自分が日本人であることを再認識させてくれる作品。東映らしいスケールの大きな作品であるともいえる。中村獅童の怪演に主演賞をあげたい。反町も良かった。

4位はアイディアの面白さを買った。もう少し遊んでもいいような気もしたが、それでも面白い作品であることに間違いはない。

5位は子供が見る作品であるにもかかわらず、ちっとも子供におもねらない作風が良かった。また役者の個性がこれほど光る作品もなかった。トヨエツ、ナイナイの岡村さん、栗山千明どれも素晴らしかったが、なんといっても菅原文太。あれほど生き生きして「小豆は体にええどぉー」と叫んでいる姿に驚いてしまった。主演の神木君も将来の豊かさを感じさせ、楽しみな存在である。

来年もたくさん本と映画に触れたいですな。やっぱりこういうものに触れるのはいいもんです。

人気blogランキングへ

|

« 男たちの大和 | トップページ | キング・コング »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/7921821

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年映画・書籍ランキング:

« 男たちの大和 | トップページ | キング・コング »