« パソコンが復活! | トップページ | ALWAYS 3丁目の夕日 »

2005/11/16

蝉しぐれ 原作本

原作を読む前に映画は見るのはあまりいいことではないのかも知れない。たとえそのようにしても、映画を見てからかなりの時間を空けてから原作を読んだほうがいい。というのも既視感が邪魔をしてなかなか小説に没頭できなかったからだ。

さて読後感だが、これは青春小説と呼んでいいのだろうと思う。若者の失望、鬱屈した思い、淡い初恋がべとつかない文章でつづられている。

よくよく考えてみれば僕は藤沢周平を初めて読んだ。

僕自身の感想を言えば、あまりピンと来る感じじゃなかった。どうしてなのか不思議なのだが、ピンとこなかった。既視感が邪魔をしたのだろうか?それともべとつかない文章を味気ないと思ったのだろうか?一つだけいえるのは、青春時代は遠くになったなぁということだ。その距離の遠さが、ぼくに小説のリアリティを感受する受容体を失わせたのではないかと思う。リストに加えた点数も辛いものにしてしまった。この小説を読むべき資格を僕は失ったのかもしれない。

人気blogランキングへ→ランキングに参加してみました。良かったらポチっとどうぞ。

|

« パソコンが復活! | トップページ | ALWAYS 3丁目の夕日 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/7149250

この記事へのトラックバック一覧です: 蝉しぐれ 原作本:

« パソコンが復活! | トップページ | ALWAYS 3丁目の夕日 »