« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/27

大いなる休暇

なぜこれが全国ロードショウにならないのか不思議な感じがする。確かにハリウッド映画のような派手さはないし、誰もが知っているスターが出ているわけでもないのだが、内容にはなかなか味があり、また日本にもこの映画で取り上げられたような問題がそこら中に転がっているのも事実であると思う。共感を得やすい物語だと思うのだがどうだろう?

な~んにもない田舎の島の人々が街の企業を誘致しようとしているのだが、その企業の誘致の条件が医師がいることというものである。ど田舎でろくな産業もなく、貧しい村には医師なんかいるわけもない。あまりの貧しさに島から逃げ出した前町長が町で警察官をしていると一人の医師が検問に引っかかりその医師が島に1ヶ月やってくることになる。

こんな具合に物語は始まるのだが、「島に恋させるのだ」とか何とか言って、必死になって医師をだまそうと芝居を打つそれぞれのネタが面白い。医師の好みを知ろうと盗聴器を仕掛け、クリケットが好きだと聞けば、ルールも知らないのに格好だけ真似て見せてみたり、下手くそ過ぎて魚なんか釣れるわけもないのに、わざと釣らしてやったり、あの手この手で医師を島に定着させようと必死になってだまそうとする。

だが笑いの中に非常に重い切実な問題が含まれてもいる映画だ。無医村の問題、人口減少の悩み、失業保険や生活保護を受け続けてきて誇りを失い、生きる気力を失った人々。必死になって医師をだまそうとする村人の姿は、同時に問題の根深さを映し出してもいるようだ。

だが、僕はこの映画のもっとも訴えたかったことは、この映画を見るであろう街の住人の無関心と、無関心に基く勝手な妄想を抉ることにあったのではないかと感じている。田舎に住まう人々を街に住む僕らはどれほどきちんと知っているのだろうか?ろくに知ろうともしていないのが本当のところではないのか?その上で勝手な妄想をしている。空気がうまい、自然が豊か、人情が優しい、濃密な人間関係、少人数学級で丁寧な教育。いいことずくめの勝手な妄想のみが僕らの頭の中を徘徊しているように思えてならない。本当はそうじゃないのにという過疎の人々のつぶやきは、街の圧倒的な情報量にかき消されてしまう。この作品で医師についた数々の嘘は僕ら街の住人の身勝手な妄想の具現化ではなかったか?作品のラスト、医師は真実を知ることによって島と契約を結ぶ。妄想の中に沈んだままで契約を結ぶわけではないのだ。

笑いの中に非常に考えさせられる内容を含んだ映画であった。っていうか全国ロードショウをすべき作品じゃないのかと思う。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/23

ALWAYS 3丁目の夕日

今年一番笑い感動した作品となった。劇場の年齢層は比較的高く、しかも夫婦で見に来ている人が多かった。微笑ましい光景だと思った。同時に子供の数も多かった。確かに子供にもわかる作品となっていて良質のエンターテイメントになっている。

これは名シーンだと感じたシーンがある。茶川がお金がなくて指輪を買えず、いつかちゃんとしたものを買うからと謝っていると、小雪演じるヒロミがはめてよというあのシーン。ケースのなかからあるはずもない指輪を取り出し小雪の指にはめるあのシーンは何と切ないのだろう。僕はこれほど切ない愛のシーンを見たことがない。名シーンだ。これだけでも見ることをお勧めしたいと思う。

ストーリーは鈴木オートと茶川の駄菓子屋という二つの軸を持つ。たいていの場合軸が二つあると物語が散漫になって失敗するものだが、この作品では非常にうまくまとめてあって決して物語が散漫になることはない。これは子供のつながりと、一杯飲み屋「やまふじ」でのシーンできちんと物語の緊密性を保っているからだろうと思う。これを書いた脚本家はなかなか優秀だぞと感じた。

高度成長期に入り日本が激しく変わっていく時代。その変化もきちんと追っていて特に鈴木オートに新しく電気冷蔵庫が入ってくるシーン、それまでつかっていた氷で冷やす方式の冷蔵庫があっさり捨てられ、それまで出入りしていた氷屋さんがその捨てられた冷蔵庫を恨めしげに見つめている姿は、激しく変化する時代を象徴的に映し、またのちにやってくる大量消費社会を暗示させるような場面になっていて大変興味深かった。作り手の姿勢を感じさせるようなシーンであったといえよう。

ところで鈴木オートに就職した青森からの集団就職の学生を演じた堀北真希はなかなかの逸材だと思った。笑顔がキュートだし、芝居はうまいし、言うことなしの女優さんだなと思った。嘘つきと言われ社長と大立ち回りを演じるあのシーンはおかしいやらほっとするやら。また上京直後故郷を思って窓の外を眺めるたたずまいの美しさ。いっぺんでファンになっちゃった。僕は田中麗奈のファンでフジカラーのイメージキャラクターが変わってしまったことを残念に思っていたが、この映画を見たら、そんなことも許せるようになってしまった。日本映画はいい素材を見つけてきたなぁと思う。

どうでもいいことかもしれないが、当然茶髪の登場人物が一人もいなかった。全員黒髪だった。違和感がなくほっとするような印象を受けたのは僕だけであろうか?日本人には黒髪がよく似合う。堀北真希も黒髪のよく似合う女性だった。美しいと感じてしまうのは僕が年のせいなのだろうか?不思議な感覚であった。

人気blogランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005/11/16

蝉しぐれ 原作本

原作を読む前に映画は見るのはあまりいいことではないのかも知れない。たとえそのようにしても、映画を見てからかなりの時間を空けてから原作を読んだほうがいい。というのも既視感が邪魔をしてなかなか小説に没頭できなかったからだ。

さて読後感だが、これは青春小説と呼んでいいのだろうと思う。若者の失望、鬱屈した思い、淡い初恋がべとつかない文章でつづられている。

よくよく考えてみれば僕は藤沢周平を初めて読んだ。

僕自身の感想を言えば、あまりピンと来る感じじゃなかった。どうしてなのか不思議なのだが、ピンとこなかった。既視感が邪魔をしたのだろうか?それともべとつかない文章を味気ないと思ったのだろうか?一つだけいえるのは、青春時代は遠くになったなぁということだ。その距離の遠さが、ぼくに小説のリアリティを感受する受容体を失わせたのではないかと思う。リストに加えた点数も辛いものにしてしまった。この小説を読むべき資格を僕は失ったのかもしれない。

人気blogランキングへ→ランキングに参加してみました。良かったらポチっとどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

パソコンが復活!

今日やっとメーカーの電話サポートを受けることができパソコンがやっとっこさ直った。

いやはや一時はどうなることかと思ったが、直ってほっとした。

ただ原因ははっきりしないのでまたいかれるのかと思うとちょっと気がかりではありますが・・・・・。

TB下さったかたがたありがとうございます。

やれやれ、どうでもいいがメーカーのシ○ープさん。サポートを受けるまでの手続きが面倒すぎる。何とかならんかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/09

地図とあらすじで読むブッダの教え

日本人なら一度は思ったことがあるはずだ。仏教ってなんだ?
その疑問に答えを与えてくれるわけではないが入り口に立たせてくれる本かもしれない。本書は二段構成になっており、一つはブッダの生涯を誕生から入滅までを描いている。もう一つは仏教の教義についてだ。
各テーマをざっくりという感じで解説しているからちょっと物足りないし、何よりわかったようなわからなかったような、そんな印象を受ける。
初学者の僕にはこんな感じでいいのかな、って感じの内容とボリュームだった。
もう少しいろいろ勉強したいと思った次第だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/07

攻撃と殺人の精神分析

難しい本だった。精神医学とか心理学とかの専門書であり、おそらくそういった方面を目指す人の入門書的な位置付けなのだろう。そういったことに全く素養のない僕にはなかなか敷居の高い本である。
さて本書は連続殺人犯、親殺し、子殺し、大量殺人といった犯罪の背景を追及しているのだが全てに共通しているのはエディプス・コンプレックスというものであるらしい。これは父に対する距離感のことだと僕は解釈したが、原父と表現され圧倒的な父の支配から逃れようとする息子が父に復讐するが復讐の成功により息子が自分がなした行為に罪責感を感じることらしい。本書に示される殺人の背景にはエディプス・コンプレックスから派生する母への感情、理想像とする母の拒絶や希求というのがあるらしい。よくわからないが母という軸が特に男には非常に大切になるらしい。
この本を読んで背筋が寒くなるのは母の存在がいかに大きいかということなのだ。母に対する性的な欲望を僕ら男は皆持っているらしい。これは衝撃的な内容だった。俺にもそんなのがあるのか?思い当たる節が無いではないと思う。それを真っ正面から指摘されることの居心地の悪さはどうだろう?興味深い本である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボコン

今や大女優の道まっしぐらの長澤まさみの主演作だ。これが初主演だったらしい。DVDで見た。
理工系の青春映画と銘打つ作品ではあるが、う〜んどうなんだと思ってしまった。なんだか凡庸な作品に見えてしまったのだ。
話はありがちなものでだめな第二ロボット部が再生していく話。キャラクターの味付けも天才だが人と交流できない男。努力型だが自信がなくひ弱な男。人の迷惑を考えない自分勝手な男。ありきたりな設定であった。
一番いただけないと思ったのが困難がちっとも困難に見えなかったことだろう。大抵の場合こういった作品は数々の困難が現れてそれをいかにして乗り越えるかに見せ場がある。そして乗り越えた暁には登場人物の成長と団結が描かれる。この作品もその定石にのっとっているが、困難の描写が弱いために成長と団結が唐突のような感じを受けるのだ。そもそも比較対象としてとうじょうする第一ロボット部の印象が薄すぎる。もう少し憎まれ役としての仕事をさせてもよかったのではあるまいか?
ロボコンと言うなかなか見ることのない素材であっただけに惜しい作品である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/05

パソコンがいかれてしまった!

今週の月曜ごろからパソコンがうんともすんともいわなくなった。原因はよくわからない。インターネットもメールも全く動かないからたちが悪い。
不便きわまりないが復旧のめどはまったく立っていない。
何より申し訳ないのはこんなに読者の少ない我ブログにトラックバックを送ってくれた方である。復旧したら必ず返事します。平にご容赦を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/03

春の雪

恐ろしく豪華な映画だった。何よりうれしいのは今の日本映画でこれだけの物が作られたということだった。

映像は緻密に計算されていて、近年ここまで完璧な映像は日本映画にも外国映画にもなかったと思う。
特にアップの少なさは特筆に値しよう。

ストーリーの前半主人公清顕の性格づけはちょっと難解だったかもしれない。というより現代の観客からは現実離れした感覚だったかもしれない。エリートの、上流階級の浮き世離れした屈折した感覚のように映った。特に聡子に女中が迫ってきた話や、遊郭にいくような話を理由はどうあれ、手紙に書いて送ってやるなど最低で現代では考えられない。これを持って主人公の屈折した愛を表現しているのだろう。作品が発表された当時は一種のリアリティを感じさせたのだろうが現代ではちょっと無理ではないかと思う。

しかし後半のはかなげな二人の恋は美しかった。清顕は聡子を脅迫するわけだがその脅迫に喜々としてはまっていく聡子の姿が後の悲劇を予感させこの映画を迫力あるものにさせている。

日本映画らしい映画であり、また、日本映画の枠をはみ出した映画だと思う。自信をもってお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/01

コープス ブライド

ストップモーションアニメーションで長編アニメを作るというのだから製作関係者には頭が下がる。一体どれくらいの時間を費やしたのだろうか?当然実際の撮影の前には台本はある程度は決まっていたのだろうから、高い鮮度を保ち続ける台本を書いたティム・バートンは偉大だといわざるを得ないだろう。

とはいっても、しゃちこわばって見る映画でもない。作品の随所にアメリカらしいジョークとのりのよさが散りばめられていて、観客を飽きさせない作りになっている。特に主人公がコープスブライドに無理矢理死者の世界に連れて行かれ、コープスブライドのキャラクター紹介かたがた、音楽にあわせて歌い踊るなどは、僕は羨ましくさえ思ったものだ。日本ではこういったノリの演出はなかなかできるものではない。まさにアメリカにしかできない演出なのではないかと思う。

ジョークといえばコープスブライドそのものがジョーークではないかと僕は思っている。死者との結婚で墓場、―実際にはあの世なのだろうが―に連れていかれ、どんなおっかないところなのだろうか、と思ってみれば意外と明るく楽しい。よく「結婚は人生の墓場だ」なんて言ったりするが、その墓場に主人公は明るさと優しさを見つけるのだ。結婚は意外と楽しいもんだぜ!というメッセージが込められている、なんていう僕の見方はうがった見方なのだろうか?

ストーリーは死体と結婚するというその奇抜な、そして実にうまいアイディアを得てそれを上手に生かしている。絶対に一緒になれない死者と生者の関係性に登場人物たちの心情ををうまく絡めている。悪役がほとんど出てこないこの作品の完成度がここまで高いのはこのアイディアがあったればこそであると思う。

良い映画を見た。お勧め映画である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »