« 妖怪大戦争 | トップページ | 雨月物語 癇癖談 »

2005/09/07

容疑者 室井慎次

正直、TV版を全く見ていなかったのでなんの思いいれもない映画だった。田中麗奈が出ていなければ見てなかっただろう。

感想としては、不完全燃焼だったように思う。基本的にミステリーとしては落第なのではないかと思う。証拠の提示とその処理がなっていないと思う。特に第三の男(最終的に警察に逮捕される真犯人)にたどり着くまでがあっさりしすぎている。っていうか都合よく逮捕されすぎている。もう少し過程をきっちり描いても良かったのではないか。

また、ラストの衆人環視の中での女への尋問だが、恐らく法廷物を意識しているのだろうが、これもどうかと思う。時間が短すぎるし、新証拠にもめぼしいものがない。真矢と筧が出てきて一気に解決では、興味が削がれる。このシーンをきちんと効果あるものにしたければ、その前の段階で準備すべきことがあるだろう。それを全てはしょったのでは意味がないと思う。

またこの尋問のシーンは憲法を軸とした法律論争も含まれているが、刑法など、法学をきちんと勉強した人はついていけただろうが、それ以外の人は難しかったのではないだろうか?僕も必死についていったが、完全に理解するまでには至らなかった。この辺の説明も丁寧にすべきであったろう。

全体的にみてこの映画の主眼は、警察内部の権力争いをみせることにあったのだろう。それに翻弄される人間達に焦点を当てることに主眼があったのだろう。そのような観点から見ればこの映画は成功しているといえるのかもしれない。

それとこれはどうでもいいけど、麗奈の走りは不恰好だったな。とても陸上部には見えなかったよ。

|

« 妖怪大戦争 | トップページ | 雨月物語 癇癖談 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/5836439

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者 室井慎次:

» 「容疑者 室井慎次」舞台挨拶@日劇2 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
「容疑者 室井慎次」の舞台挨拶に行って来た。朝8:10からだったから6時前に起きて諸事情により(笑)浴衣を着て突撃サンスポ、報知本編の感想は置いといて、まずは舞台挨拶の模様を。。。※注:話を聴きながらのメモには限界があるので多少てきとーに編集してます(爆)... [続きを読む]

受信: 2005/09/08 15:07

« 妖怪大戦争 | トップページ | 雨月物語 癇癖談 »