« 容疑者 室井慎次 | トップページ | タッチ »

2005/09/11

雨月物語 癇癖談

いわずと知れた上田秋成の有名作品である。新潮日本古典集成の中の一冊である。

これを読むのに途中病気をしたり、時間が取れなかったリで結局丸一月も掛ってしまった。もう少し早く読み終えておきたかった。

さて感想だが、よく雨月物語は怪談であるというような言われ方をするが、別にこれを読んだからといって夜眠れなくなるとかそういうことはない。現代とあまりに時間が隔たっているからなのだろうか?

この上田秋成という人の文章を読んで驚いたのがその文体の格調の高さである。以前滝沢(曲亭)馬琴の南総里見八犬伝を読んだが、雲泥の差である。秋成の文章は美しい。

その美しさで書くこの雨月物語のなかで僕は一番印象に残っているのは「青頭巾」である。美少年への妄執に駆られた僧侶が人肉を食らい、鬼となる。それを快庵という別の僧が成仏させる話であるが、その迫力ある描写に圧倒された。この描写は細身の筋肉質の俊敏に動く動物を思わせ、一切無駄のない美しさを持つ作品だ。江戸時代という時代に対する印象を変えるような衝撃力を持っている。この時代にこんな作品を書ける人がいたとは恐れ入る。

さて、癇癖談だがこれで「くせものがたり」と読む。秋成晩年の作品であるらしく、文明批評となっている。

僕はこの手の文章が嫌いなのだが一応我慢して読んでみたが、やっぱり嫌いだ。同時代への容赦ない批評は現代に通じるところもあるのかもしれないが、いかんせん疲れる。また、作者の主観に完璧に乗ることができない僕の性格から言って、この文章は「本当にそうなのかな?」と懐疑的になってしまう。特に遊女についての批評など、僕は受け付けなかった。僕はソープランドだって行くような男だ。遊女に対してどちらかといえば尊敬の念すら抱いているから秋成の時に辛口な批評は僕は好きになれない。ま、そういう辛口な批評を敢えて行えるところが秋成の偉いところなんでしょうけれども・・・・・・。

|

« 容疑者 室井慎次 | トップページ | タッチ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/5894086

この記事へのトラックバック一覧です: 雨月物語 癇癖談:

« 容疑者 室井慎次 | トップページ | タッチ »