« 電車男・テレビ版その9 | トップページ | 容疑者 室井慎次 »

2005/09/06

妖怪大戦争

大して期待してみたわけではないのだ。大体子供向きの映画だとわかっていたし、それを大の大人が見に行くのはけっこう恥ずかしいし、これはなかなか勇気のいることだったりすのだが、ナイナイの岡村が出ているから、っていう理由で見に行った。

結果は大満足であった。はっきりいって僕好みの映画であった。

あのスピード感と圧倒的な馬力には脱帽だ。さすが三池監督だと思ったわけだ。

主人公の神木君はなかなかの名演技ではなかったか?主人公のなよなよ感と頼りなげな雰囲気はこの少年でないと出せなかったのかもしれない。

どうでもいいが、この神木君は女の子っぽいですな。着替えのシーンは僕は女の子の着替えシーンかと思ってびっくりしたよ。「お、川姫の着替えか」なんて思ってしまった。

名演技といえば、菅原文太だろう。あんなすっとぼけたお爺さんの役をやるとは思わなかった。「小豆は体にええどー」なんて、かなりぶっ飛んだセリフじゃないか。やるねぇ!なんか生き生きしているように見えたのは僕だけか。

この映画は美人の宝庫でもある。川姫をやった、高橋真唯は僕は不覚にも知らなかった。本当にきれいな女優さんだと思う。正直惚れましたよ僕は。

それから、アギ役の栗山千明。今回の彼女は目の周りのどぎついメイクと真っ白い髪型(オナペッツを思い出したのは僕だけか?)で最初彼女とはわからなかったが、なかなかいい悪女っぷりだった。そんなあなたが大好きです。

ちょっとしか出なかったが雪女やったのは吉井 怜さんです。我らがココログの大活躍女優じゃん。「この季節はちょっとねぇ」とかいうセリフ笑いました。

加藤役のトヨエツ。堂々たる悪役ですな。無慈悲で、冷酷で、しかもクールでスマートで、はまり過ぎって感じ。続編もし作ったら、必ずお前出ろよって言いたくなってしまう。

でもなんだかんだで一番おいしい役は岡村さんじゃないのか。TVでは小豆だけあらっとっるとかなんとか言っていたが、最後の落ちを担当しちゃうなんって、一番おいしい所を持っていっちゃったな。やられたなぁ。やっぱあんたコメディの天才よ。

内容的にはこの映画僕が一つだけ難点をあげるとすれば、説教くさいところだな。これだけはいただけないと思ってしまった。まず、妖怪と捨てられた粗大ごみを合体させるなんてところを見ただけであいたたたって感じだったが、最後に水木しげるが出てきて「戦争なんていかんです。腹が減るだけです。」なんてもう卒倒しそうな感じだった。もちろんこのテーマがいけないんじゃなくて、露骨なテーマの表出は観客を興ざめさせてしまう。オブラートに包んで見せるのが作者の腕ってもんだと思うのだ。

でもそれ以外ではこれほど面白い映画はなかった。しかも子供向けの映画であるにもかかわらず、決して子供におもねる姿勢がなかった。主人公がおぼれて、川姫に助けられ、岸で目覚めるシーン。川姫の太ももに手を置きさするなんてのは、なんてエロチックなのか。極めて大胆な表現だと思う。本当にあのシーンはエロチックであった。子供を意識した映画ではああいうシーンはちょっとないのではないか。思春期の入口に立とうとする少年の性への目覚めの出発点なのかなと思ってみたりした。大人になってもあのときの感覚が忘れられない宮迫演じる雑誌の編集者の初恋が川姫であったように。

また、この映画は恐らく漫画的と評される映画なのだろうと思う。飛行機の翼につかまって東京に行くシーン。いきなり画面が止まって、「良い子はまねしないように」とテロップを入れたり、機械と合体させられたスネコスリと戦闘シーンとか、麒麟送子に選ばれる時、頭のてっぺんから麒麟にくわれるとか、それはひどく漫画的な表現といえるものなのだが、しかし表現の可能性を追及していくとああいうふうにならざるを得ないのだろう。そしてそれは、映画にとって正解の表現なのだと思う。強調すべきところをこれでもかと強調することは大切なことなのだと思うのだ。

常々思うのだがこの「漫画的」という枕詞が取れるくらい、実写映画にはがんばって欲しいな。そしていつの日かマンガのほうが「映画的」と評される日が来ればいいのにと思う。

さてCGについてだが、劇中のスネコスリは別として、よくここまで作りこんだなというのが正直な気持ちだ。やっと日本映画もここまできたかと実感した。ただ今回の映画は夜のシーンや暗いところでのシーンが多く、比較的つくりやすかったのではないかと思う。「宇宙戦争」でのトライポッドの最初の出現は昼間であった。これくらいできるようになれば日米で遜色なく、対抗できるような実写が作れるのかなぁと思った次第だ。

|

« 電車男・テレビ版その9 | トップページ | 容疑者 室井慎次 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/5806875

この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪大戦争:

« 電車男・テレビ版その9 | トップページ | 容疑者 室井慎次 »