« 弁天小僧 | トップページ | 電車男・テレビ版その5 »

2005/07/31

蛇姫様

実は今日は2本も見てしまったのだ。2本立ての上映かと思っていたら1本づつ料金を支払えだと、その商魂に恐れ入るよ。

で蛇姫様なのだが、なんじゃこりゃ。っていうのが感想。今日びテレビでもこんなのはつくらんなぁ。

内容は記すまでもないが、一つ言えるのは細かいディティールがいい加減すぎやしないかということだ。主人公の生家が焼けたり、父親と妹が死んだりとなかなか盛りだくさんの内容だが、一つ一つのエピソードの整合性がきちんとしていないため、「なぜ姫様が犯人じゃないとわかる」とか「悪人の悪事がこんなに簡単に露見していいのか」とかいろいろ突っ込みたくなる。クオリティはあまり高いとは言えないな。

ご都合主義という言葉がぴったりの作品だった。しかしパンフによればこれは雷蔵がやりたかった作品らしい。しかも戦前のヒット小説で映画にもなり、それのリメイク版だという。

思うに後の松竹ヌーベルバーグとかそういった人々は、こういうのが嫌いだったのではないか。今日見られるような、リアリズムのかけらもない作品なのだ。日本映画の沈滞はこういった作品がハリウッドから入ってくる、作品群に対抗できなかったからかもしれない、なんて思ってみた。ま、私見ですけど・・・・・・・。

|

« 弁天小僧 | トップページ | 電車男・テレビ版その5 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/5250386

この記事へのトラックバック一覧です: 蛇姫様:

« 弁天小僧 | トップページ | 電車男・テレビ版その5 »