« 沖縄論 | トップページ | アクセス解析 »

2005/07/03

電車男

今年見た映画の中では最高傑作ではなかろうかと思ってしまった。

見たのは昨日だが興奮は今でも冷めやらない。

原作を読まずに見てしまったのだが、見ておけばよかったと思わせる力がある。

この作品の独特なところは画作りだろう。

いや状況が独特であるためそうならざるを得なかったのであろうが。

この作品の主人公とそれを応援するネットの住人達は実際には会うことがない。

ここが非常に独特なところだろう。

現実に存在する状況であるにもかかわらず、非現実的な状況。仮想空間とはそんなものなのだろう。

これをいかに映像で表現するかというのは難しい問題であったと思う。

この作品の画作りはそこのところをうまく処理し、全く新しい表現の仕方を提示したのではなかろうか。素晴らしいことだと思う。

特に電車男が彼女と食事をするにあたって、様々なアドヴァイスを貰い服を買ったり、髪を整えたりしていく場面は秀逸であると思う。さまざまなコメントが音声だけでなく文字化されあちこちに散りばめられ、現れては消えるさまはこういう表現があったのかと心底驚かされた。短い制作期間でよくあそこまで表現を高められたと思う。素晴らしいことだ。

あと印象的なのはオタク3人組の怪演だ。漫画喫茶で盛り上がり興奮している様子は実際にこういう人たちが、この電車男を盛り上げたのかなと素直に思える。同じ境遇の男としての親和性というのがあるのだろう。こってりした味付けの3人のはずなのだがそんなふうには見られないところもとっても素敵だ。

この3人組に関していえば、戦場でのシーンを入れたというのがいい。非常にぶっ飛んでいて楽しい。どうも衝撃的なことがおきるとこれが出てくるのだが、オタク人の心的表現方法とはこういうものなのかなと笑わせる。

エルメスをやった中谷美紀は非常に控えめな女性像というか、やさしすぎるくらいやさしい女性像というかとにかく彼女に惚れた観客は多いのではないか?ぼくもその一人だ。ひとつの理想像なのだろうな。今の時代を反映してなのだろうか、非常に強い女性、しかも男に比肩し得る強さが全面に出てくる女性がよく描かれるが、この作品のエルメスは弱いわけではなく、かといって強すぎるわけでもなく、一言で言えば大和撫子的な感じだ。こんな人がそばにいたらめろめろでしょうな。

電車男にも言及せねばなるまい。この作品を見て僕は101回目のプロポーズを連想してしまった。ようは不器用な男の物語なのだ。オタクというファクターを取り除いて見てみれば不器用でその裏返しとして、とても一途な男の物語なのだ。日本人はこういう話が好きかも知れない。数々の恋愛ドラマがあるが、不器用さが全面に出てくることってあまりないのではないかと思う。妙にうじうじ悩む男は出てきても不器用で一途な男はあまり描かれないような気がする。僕の見間違いかすまんすまん。

キスシーンはよかった。まさかあんな秋葉原のど真ん中でやるとは映画史に残るかもしれない。でもあのシーンは美しかったよ。気に入りのシーンのひとつだね。

さらにテレビ版と映画版がシンクロする箇所があるのだが、この遊び心が楽しい。嫌味がなくていいんじゃない。素直にテレビ版を見たいと思いました。

ひとつ注文をつけるとしたら、キスシーンのあとのエルメスの説明シーンが長かったな。あれはあれで必要なシーンとは思うが、ここに入れるのはまずいと思う。分散してキスシーンの前に入れるか、キスシーンの前に集中して入れるかすれば良かったのにと思う。

もう一つ気づいたことを。電車男がエルメスを追って走りながら、コンタクトを落とし眼鏡に変え、買ってきた洋服を脱ぎ捨て、オタク時代のTシャツが現れエルメスとめぐりあうシーンは、エルメスの前に現れた生な電車男とまさにその生な姿を愛してくれるエルメスとの心情が交差して美しかった。あざとさは全くなく二人の愛情表現としては最高ではないかと思う。

色々書いたが要するに見に行きましょう。これはお奨め映画です。賞が取れるかどうかは知りませんが絶対見に行くべき作品です。公開からすでに1箇月。公開がいつまで続くかわかんゾ!絶対見に行きましょう!!

|

« 沖縄論 | トップページ | アクセス解析 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/4807503

この記事へのトラックバック一覧です: 電車男:

» 映画「電車男」を観てきた [meyon's STUDY]
えーと、なんか電車男一色になりつつあるわが書斎であるが。 映画「電車男」を観てき... [続きを読む]

受信: 2005/07/03 10:36

» 101回目のプロポーズ [ドラマ☆ストリート]
101回目のプロポーズ『101回目のプロポーズ』(ひゃくいっかいめのぷろぽーず)は、1991年7月1日から同年9月16日まで、フジテレビジョン|フジテレビ系列で毎週月曜日21:00 - 21:54 (JST)に全12回で放送されていたテレビドラマである。当初は「月9の恋愛ドラマに武田鉄矢が?」との否...... [続きを読む]

受信: 2005/07/05 10:35

« 沖縄論 | トップページ | アクセス解析 »