« 最近は・・・・ | トップページ | キングダム・オブ・ヘブン »

2005/05/12

Shall we Dance

日本版のShall we Danceを見てから
ハリウッド版を見ようと思っていたのだが
なんだか面倒になりいきなりハリウッド版を見てしまった。

ストーリーは日本版とほとんど変わりなく新鮮味がない。
リチャード・ギアはさすがにかっこいい。
しかしくたびれた感は皆無だから
何だかおかしな気分になる。
彼を見ることを目的にしたならば
十分面白い御伽噺なんでしょう。
それからジェニファー・ロペスなんだが
彼女の体を見て、ため息をついてしまった。
相当鍛えているのだろう、筋骨たくましすぎて
これで社交ダンスかよと突っ込みを入れたくなる。
ちっともかわいげがないというのはいいすぎだろうか?
皮肉にもロペス演じる社交ダンスの先生の回想で
ダンスを始めたきっかけになった
美しい女性のエピソードが出てくるのだが
その回想シーンに出てくる女性のほうが社交ダンスに似つかわしい。
客の勝手なイメージで言われてしまうロペスには酷な話だが
ロペスは完全にミスキャストかなと思う。
もっともタンゴとかを踊るシーンは逆にあの筋肉質の体が良くマッチしていたから
良しとするのがいいのかなとも思う。

ストーリーは特に論じるほどのものでもない。
日本版と変わりない。
ただリチャード・ギアのかみさんがバリバリのキャリアウーマンというのは
これからの日本映画にも必要な要素なのだろう。

後半はダレますな。
特にリチャード・ギアがロペスのさよならパーティーに
出るか出ないか逡巡するところなんぞ
さっさとやれといいたくなる。
あそこらへんの処理をもっとテンポよくすべきだったでしょう。

ハリウッドにリメイクされるとういうのは素直に喜んでいいのだろうか?
最近この手のものが増えてきた。
このハリウッド版Shall we Danceがアメリカで完成したとき
監督の奥さんの草刈さんは泣いていらっしゃった、
その映像をテレビで見た。
そのとき複雑な印象を持ったのは僕だけだったろうか?
率直に言えば悔しいというのが僕の感想だった。
日本のオリジナルでは世界の頂点は立てないのだろうか?
リチャード・ギアでないとダメなのか。役所広司の何がいけない。
日本映画はこれから世界を目指すべきで
それには日本オリジナルのものを世界に発信していかなくてはならない。
リメイクされたからといって喜んではダメなのだ。
オリジナルの作品を世界に見せて世界中をうならせなくては
いけないと思うのだがどうだろう?
産業としての映画が今後成長する上で考えなくてはいけないことだろう。
最近ショッキングな知らせを聞いた。
浦沢直樹の漫画「MONSTER]の映画化権をハリウッドが買っていったのだ。
なぜ日本は自前でやらない?
優秀なコンテンツを自前で映像化しないことを恥としなくてどうする。
日本の映画人に奮起を促したい。

|

« 最近は・・・・ | トップページ | キングダム・オブ・ヘブン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/4095752

この記事へのトラックバック一覧です: Shall we Dance:

» PLUTO プルートゥ 浦沢直樹×手塚治虫(2) [イけてるモノ・コト]
浦沢直樹の「PLUTO プルートウ」の大きな特徴はまずキャラクター設定である。主人公ともいうべき中心的ロボットはドイツの刑事ロボット、ゲジヒトになっている。 登場人物たちは原作の漫画チックな丸い線ではなく、アトムやロボット、お茶の水博士などは本物っぽく...... [続きを読む]

受信: 2005/05/13 09:50

» これはミスキャストだ! [十人十色]
テレビや映画でやっている アニメとか小説のドラマ化でこのキャストは違うだろうって言うのを教えてください。 あくまでも 軽い気持ちでお願いしまっす。中傷やきつい批判は勘弁してね。 自分の「これはミスキャストだ!」教える みんなの「これはミスキャストだ!」見..... [続きを読む]

受信: 2005/05/30 00:09

« 最近は・・・・ | トップページ | キングダム・オブ・ヘブン »