« Shall we Dance | トップページ | いらっしゃいませ、患者さま »

2005/05/30

キングダム・オブ・ヘブン

話題になっているのかなっていないのか微妙な映画。
というのも、エルサレムをめぐる話には
日本人にはなかなかわかりずらいというのがあるのだろう。
ヨーロッパ人、イスラム人にはある種の独特な感慨のある土地なのだろう。
この宗教の都をめぐる争奪戦を日本で公開しても
俳優を見に行くか、戦闘シーンを見に行くかしかなくなってしまう。

ストーリーは最初うちはっきり言ってだれる。
主人公バリアンの騎士になる物語が展開されるのだが
カットしてしまえと思った。
主人公は最初騎士ではないのだ。
突然現れた父に連れられ騎士になるのだが
まず、この父についていく動機がわかりずらい。
亡き妻にひどいことをした地元の司祭を殺して
父の元に走るのだが、この辺の事情がわかりずらく
動機が弱い。
騎士になるのだが
成長物語に一応はなっているのだが
それがこの映画の主眼になっているわけではないので
映画自体が2つに分解してしまっている。
一番よろしくないストーーリー作りではなかろうか?

で、この映画の主眼はあくまでもエルサレム争奪戦なのだが
スカッとしない。
当たり前だ。悪役が存在しないのだから。
本来ならイスラムを悪役にしてこの戦争を描くのだろうが
今日ではそれは難しいのだろう。
この悪役の役をキリスト側のギーにやらせるのだが
これは悪役になりきれていない。
単純な話でこの悪役あっさり負けてしまうのだ。
イスラム側の王サラディンは知的で老獪な王として描かれている。
英雄として描いているのだから、物語がわかりにくくしみったれている。
このサラディンを悪役として描けばわかりやすくスカッとするのであろうが
そういうことができない時代になったのだろう。21世紀はなかなか複雑だ。

主人公は「勇気ある和睦」をするのであるが
これがこの映画の製作者のもっとも描きたかったことなのだろう。
しかしこの結末でいいのだろうか?
エルサレムの平和や命が守られたのは確かだが
それで映画のストーリーとして完結しているのだろうか?
僕は映画というのは悪役をぶっ飛ばすのが本筋だと思っている。
それは余りに単純なものの見方だよと言われるのだろう。
しかし、単純こそが美の本質なのだ。
複雑でわけのわからないものは美しくない。
オーソドックスを否定されるむきもあろうが
しかしこのオーソドックスこそが歴史に残り
人びとの胸を打つ。
単純こそが美しい。
複雑はグロテスクな思考の産物なのだ。
この映画は多分そこのところを間違えている。
だからイマイチな感じがしてしまうのだ。
日本人にわかりずらいのではない。
基本的なストーリーの製作過程を間違えているのだ。
もっともこうしなければならない時代になったのでもあるのが
21世紀の世界情勢でもあるのだ。

|

« Shall we Dance | トップページ | いらっしゃいませ、患者さま »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/4342234

この記事へのトラックバック一覧です: キングダム・オブ・ヘブン:

« Shall we Dance | トップページ | いらっしゃいませ、患者さま »