« 博士の愛した数式の感想文 | トップページ | 阿修羅城の瞳 »

2005/04/29

武士道

名著といわれる新渡戸稲造の武士道の道徳、及び倫理を
英語で解説した本。
この岩波のものは訳が古いのだが読みづらいということはない。
ただ、前提として欧米の道徳観念は知っておくべきなのだと思った。
これを知らないとちょっとこの本は難解だろう。
かくいう僕もそんな予備知識は持たずに読み始めたため
わからない感じがした。

要するにこの本では新渡戸稲造は
日本にも倫理体系があるということを
欧米に示したかったのだろう。
ともすれば、この時代
日清戦争が終わった直後くらいのようだから
まだまだ欧米の対日観はいい加減なものであったのだろう。
日清戦争に勝利したことにより
新興国日本が欧米人の頭の中に急に
クローズアップされてきたのだろう。
未知の国のイメージは必ずしも芳しいものではなかったものに違いない。
何といっても非キリスト教国なのだ。
欧米にしてみれば何でこんな野蛮な連中がいきなり国際社会に出てきたのだ?
という印象であったに違いない。
そこで新渡戸稲造は日本にも倫理の体系があるのだと示すため「武士道」を
紹介したのだ。
そのことは第一版の序に書いてある。

ここに書かれている武士道をどう考えるか?という問題だが
少々の違和感は感じざるを得ない。
それは時代的なこともあるだろう。
新渡戸稲造がこれを書いたのは明治の中ごろ
現代は21世紀だ。
余りに時代がへだったっている。武士道に関する観念が
変わってきてしまうのもありえる時間の長さだ。

また、新渡戸がキリスト教に基礎を置く道徳観念と
日本の武士道がそんなに違わないものですよと
いいたいために、キリスト教に武士道を合わせているように思える。
特に「愛」を持ち出して、基本道徳を説明しようと試みている
箇所はう~んと唸ってしまう。
ちょっと違うのではないのか?
そういう日本人としての直感みたいなものを感じてしまうのだ。

しかし、全体的に新渡戸の努力と慎重さの後が窺えるのも事実だ。
歴史的な名著でもあり、一時代を築いた作品でもある。
また武士道の説明も極端におかしいというわけでもないので
読んでみるのもいいでしょう。
欧米から見た武士道というのは案外こういうものだと思えるかもしれない。

|

« 博士の愛した数式の感想文 | トップページ | 阿修羅城の瞳 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95537/3910356

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道:

« 博士の愛した数式の感想文 | トップページ | 阿修羅城の瞳 »